昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集観る将棋、読む将棋

2021/04/25

『Number』に出られるっていいな

――渡辺明三冠にはこんなコメントがありました。この「見ていて痛快」というのは的確な表現だなと感じます。

〈強かった。タイトル防衛の難しさを感じることの多い昨今、若く勢いのある挑戦者をねじ伏せて見事防衛するさまは、見ていて痛快でした〉(46歳/女性)

渡辺明名人

――あと面白いところでは、佐藤和俊先生の『Number』の写真がかっこよかったというのがありますね。

〈「Number 1010」(文藝春秋)で、陸上トラックを背広で駆ける勇姿が圧倒的な存在感を放つ。アスリートとしての棋士を体現した一枚の写真によって、将棋はスポーツとなった〉(37歳/男性)

遠山 『Number』に出られるっていいですよねぇ。和俊さんは兄弟子でよく話すんですが、相当嬉しかったみたいですよ。

深浦 私も遠山さんもサッカー好きなので、特に思い入れのある雑誌ですね。

遠山 藤井さんは、その『Number』の表紙に2回なったというのは相当なポイントです。やっぱりインパクトが違いますよね。

深浦 たしかに藤井さんは、コマーシャルなどの話題性も豊富ですよね。

――ではやはり「観る将的最優秀棋士」は、藤井聡太二冠といたします。

藤井聡太二冠 写真提供:日本将棋連盟

大活躍だった「観る将的最優秀女流棋士」

――続いて「観る将的最優秀女流棋士」に移りたいと思います。アンケート結果はこのようになりました。

投票数第1位 山根ことみ女流二段 20票
投票数第2位 西山朋佳女流三冠 19票
投票数第3位 里見香奈女流四冠 16票

深浦&遠山 おぉー(1位の結果に驚く両先生)。

――里見さんと西山さんの「2強」とも言われる女流棋界ですが、1位は今期17連勝をされるなど躍進された山根さんでした。まずコメントをご紹介します。

〈山根先生は今期17連勝と大活躍されていて、また、タイトル戦等の中継聞き手も多くされていたように思います。タイトル挑戦も決められ、大活躍だったのではと思います。あとは、個人的にあの優しい可愛い話し方が大好きです〉(34歳/女性)

 

〈17連勝が鮮烈な印象を残しました。詰将棋を愛好されており、切れ味鋭い終盤が魅力的です〉(42歳/男性)

――山根さんはどういった印象ですか?

深浦 魅せる将棋ですよね。詰将棋で鍛えられた終盤力が魅力的です。

公式戦17連勝を果たすなど、成長著しかった山根ことみ女流二段 ©文藝春秋

――遠山先生は「おしゃれな方だ」とおっしゃっていましたよね。

遠山 棋士会でやったYouTube配信のときにも、山根さんに出てもらったのですが、ほわっとした雰囲気がいいですよね。それにしても17連勝ってすごいですよ。彼女は振り飛車党でしたが雁木をずいぶん使うようになって、それが棋風とマッチしてよかったのかなと。この棋風チェンジと終盤力が相まって、今の強さにつながっているような気がしますね。