昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : ニュース, 社会

当時の学校の対応がいまの不信感につながっている

保護者L 今回のことは、娘の在学中に起こっていたことで、地元のメディア誌で一度報じられたときに、娘にも確認したところ「学校ではそういう事実は一切無い」という説明だったし。娘はあんまり……正直全然分からなかったんですね、この事実が。

 今回の報道で出たときに私としては、娘を通わせてたときに「こんなことがあったのか」と思って。恥ずかしい話なんですけれども全く知らなかったので、すごくショックを受けていたんですよね。まさか先生たちが報道されているように、もし本当にそのように対応されていたとしたら、スゴく怖くなったし。ちょっとすごく本当に、言葉にならない。眠れなかったです。はい。ショックがすごく大きすぎて。どのような事実が、「ちょっとここでは答えられないのかな」という風に思うんですけれども。

爽彩さんがネットの友人に最後に送ったLINE

 やっぱり、それだけ衝撃が大きかったので、他の方もおっしゃってたように、この先、進学……今、高校に上がるときの推薦の話もありましたけど、大学ですとか就職とかですとか、「そういうところに影響しないのかな」という心配も。もう卒業してしまっているので、その子たちのフォローっていうのは、もう今はたぶんここにいる子たちみたいには手厚くはしてもらえないので、「家で、話をしていくしかないのかなぁ」と思うんですけれども。上手く言えないんですけれど、衝撃を受けたっていうことが1つと。

 あとは、今は、「他校と警察と連携して色々と協力してます」ということだったんですが、最初にこの件があった2年前の時に、他校の生徒も絡んでいたと思うんですけれども、その時に足並みを揃えて、市立の中学校なのに、「できなかったのかな?」っていうのが、ちょっと疑問に思っているところで。対応の仕方、といいますか。答えられないかもしれないんですけれども、そこに、やっぱり、「何があったのかな?」っていうのがすごく疑問に思ってるし。あと、やっぱり不信感に繋がるっていうのはあります。以上です。

旭川東警察署 ©文藝春秋

校長 今、お話しいただきました、2年前のですね、本当に、当時の校長はですね、判断しながら対応したことが、そのことを含めてですね、今回の第三者による委員会の中で検証されて、その中で「何が問題であったのか」っていうことも含めて、説明させていただきましたけども、その部分がきっと明らかになってくるかなという風に思います。そのことを踏まえましてですね、今、貴重なお話をいただきましたけれども、しっかりですね、信頼関係ができるようにですね、全職員で取り組んで参りたいという風に思いますので、本当にありがとうございます。

全文公開3回目へつづく)

 5月21日(金)21時~の「文春オンラインTV」では担当記者が本件について詳しく解説、Y中学校でおこなわれた保護者会の音声もすべて公開する。

◆◆◆

「文春オンライン」では、旭川イジメ問題について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。

 sbdigital@bunshun.co.jp
 https://twitter.com/bunshunho2386

記事で紹介できなかった写真はこちらです

この記事の写真(44枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z