昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

まるで『湾岸ミッドナイト』の世界!! 半世紀前のスポーツカー「フェアレディZ」を蘇らせる“恐るべき技術”とは

2021/07/18

genre : ライフ, 社会

 近年、車業界では空前の「旧車ブーム」が巻き起こっていると言われる。海外需要による人気車種の流出といった背景もあり、旧車市場は高騰の一途をたどり、車種によっては数千万の値がつくことも珍しくない。

 過熱する旧車ブームのなかでも、安定して高い人気を誇るのが60年代後半から70年代にかけて生産された日産のスポーツカーである。「ハコスカ」や「ケンメリ」の愛称で親しまれるスカイラインや、『湾岸ミッドナイト』の主人公機として知られるS30型フェアレディZなど、国内外を問わず熱狂的なファンが多い。

スターロードのS30Z。見た目から、ただ者ではないオーラが漂っている ※サーキット走行から間を置かずに撮影となったため、前のナンバープレートが外れた「サーキット仕様」となっている。普段はナンバーを装着し、問題なく公道を走れる仕様だ 写真=坂口尚

 こうした「旧車界のスーパースター」とも言うべき日産車を専門に扱うのが、東京都江戸川区のスターロードだ。同社の井上代表に、スターロードの看板車ともなっている自身のS30Z(愛称:ファイターZ)などについて話を聞いた。

半世紀前の車で現行スーパーカーと同等の走行性能

「手が入っていないところがない」という井上氏のS30Zは、旧車界隈では名の知れた存在であり、雑誌などメディア掲載も多い。関心の的となっているのはもちろん、この1台に凝縮されたスターロードの技術の高さである。

ファイターZのエンジンルーム。パワーを求めるなら新しいエンジンへの載せ替えが容易だが、この年代の「L型エンジン」にしかない魅力を追求する 写真=坂口尚

 まずはわかりやすく、その「速さ」を客観的な数字で見てみたい。スポーツカーの性能を示す際には、著名なサーキットのラップタイムが指標とされることが多く、日本においては「筑波サーキット」の周回タイムがしばしば参照される。

張り出したワイドフェンダーが走行性能の高さを予感させる。フェンダーをはじめとするボディパーツや、アルミホイールもすべてスターロードのオリジナルだ 写真=坂口尚

 井上氏のS30Zは「筑波1分1秒台」を達成しており、この数字は現行の日本車で最速となる「GT-R」と同等の水準だ。半世紀前の車で、最新テクノロジーの結集たるGT-Rと張り合えるというのだから、それこそ『湾岸ミッドナイト』や『頭文字D』の世界である。

「速さ」は目的ではない

 しかし、このように「速さ」を喧伝するのは井上氏の本意ではないという。このS30Zは「サーキット専用」でもないし、峠や高速を疾走する目的で製作されたわけでもない。

S30Zの内装。とりたてて軽量化は施されておらず、「快適に乗れる」ことが目指されている 写真=坂口尚

「もともと『快適』ってことを言ってきたんだけどね。あんま快適快適言ってると、ナメられるかなと思って。最近だね、まともにサーキット走ろうとしたらどうなんのかって」

 あくまで「ストリート仕様」として、街乗りにおける快適性やバランスを追求した結果、サーキットのタイムにつながったわけである。