昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

文春野球「コミッショナーだより」6月号

文春野球コラム ペナントレース2021

2021/07/14

3、6月期 個人タイトルの発表

◆6月期 首位打者

【パ・リーグ】
1位 .271 ノボせもんなべ(ソフトバンク)
2位 .236 えのきどいちろう(日本ハム)
3位 .205 渡邊菜々(ソフトバンク)

【セ・リーグ】
1位 .223 コットン西村真二(広島)
2位 .208 服部健太郎(巨人)
3位 .192 オギリマサホ(広島)

文春野球打撃10傑 パ・リーグ(6月30日現在 規定打席:2)
1位 .196 青空百景(日本ハム)
2位 .166 今井豊蔵(日本ハム)
3位 .141 黒川麻希(埼玉西武)
4位 .138 田中大貴(オリックス)
5位 .121 斉藤こずゑ(日本ハム)
6位 .118 米野智人(埼玉西武)
7位 .105 ハガユウスケ(東北楽天)
8位 .104 山口史朗(埼玉西武)
9位 .089 木村幹(オリックス)
10位 .081 市原武法(オリックス)

文春野球打撃10傑 セ・リーグ(6月30日現在 規定打席:2)
1位 .204 西澤千央(横浜DeNA)
2位 .160 三輪正義(ヤクルト)
3位 .152 吉井祥博(横浜DeNA)
4位 .142 カルロス矢吹(中日)
5位 .111 西森将司(横浜DeNA)
6位 .109 笑福亭べ瓶(ヤクルト)
7位 .104 坂上俊次(広島)
8位 .100 長尾隆広(中日)
9位 .093 若狭敬一(中日)
9位 .093 石田敦子(広島)

◆6月期 本塁打王

【パ・リーグ】
1位 2253 斉藤こずゑ(日本ハム)
「中田翔の穴は中田翔しか埋められない 慣れない日々と私の違和感」(6/24)
2位 1976 木村 幹(オリックス)
「娘が家を出ていった…ごめんな、オリックスの優勝を見せてあげられなくて」(4/1)
3位 1721 えのきどいちろう(日本ハム)
「『何かすいませーん!』苦しいときに輝く男・杉谷拳士は“本当のヒーロー”だ」(5/14)
4位 1282 青空百景(日本ハム)
「27個目のアウトを取る苦しみ……日本ハム・伊藤大海、初勝利の日」(5/3)
5位 1257 山口史朗(埼玉西武)
「苦しいときこそ――西武の守護神・増田達至の登場曲にベリーグッドマンが込めたメッセージ」(5/4)

【セ・リーグ】
1位 2843 石塚隆(横浜DeNA)
「『トバに謝ってください!』伊藤光、戸柱、嶺井…ベイスターズ捕手陣のプライド」(5/19)
2位 2403 ザ・ギース尾関高文(広島)
「『あの時はショックすぎて動けなくなりました』…広島カープのボールボーイのお仕事」(5/29)
3位 2361 三輪正義(ヤクルト)
「ヤクルト・奥川恭伸プロ初勝利。金久保、今野、坂本…“初勝利グッズ”発売ラッシュの舞台裏」(5/1)
4位 2044 河合洋介(広島)
「『いまぼくは、プロ野球選手をめざしています』広島・栗林良吏の元に届いた“10年前の自分からの手紙”」(5/2)
5位 1988 長谷川晶一(ヤクルト)
「『やり残したことはヤクルトでの優勝だけ』夢の実現まで青木宣親は“死なない”」(5/26)

◆6月期 勝利数

【パ・リーグ】
1位  えのきどいちろう(日本ハム)  4勝0敗
2位  斉藤こずゑ(日本ハム)     3勝1敗
   青空百景(日本ハム)      3勝0敗
   山口史朗(埼玉西武)      3勝0敗
   木村幹 (オリックス)     3勝1敗
   梶原紀章(千葉ロッテ)     3勝6敗
7位  田中大貴(オリックス)     2勝2敗
   上杉あずさ(ソフトバンク)   2勝2敗
   黒川麻希(埼玉西武)      2勝1敗
   片倉小十郎景綱(東北楽天)   2勝1敗
   かみじょうたけし(東北楽天)  2勝2敗

【セ・リーグ】
1位  若狭敬一(中日)      4勝0敗
2位  石塚隆(横浜DeNA)    3勝0敗
   三輪正義(ヤクルト)    3勝0敗
   長谷川晶一(ヤクルト)   3勝0敗
5位  西澤千央(横浜DeNA)   2勝0敗
   吉井祥博(横浜DeNA)   2勝0敗
   長尾隆広(中日)      2勝1敗
   カルロス矢吹(中日)    2勝1敗
   笑福亭べ瓶(ヤクルト)   2勝1敗
   菊田康彦(ヤクルト)    2勝1敗
   ザ・ギース尾関高文(広島) 2勝0敗
   河合洋介(広島)      2勝0敗

 熾烈な個人タイトル争いの行方にもご注目ください。

【タイトル概要】
・首位打者の目安になる打率は、閲覧した数(PV数)のうち何人がHITボタンを押したかによって算出されます。
・本塁打は1本のコラムで一番多くHITを稼いだ数です。飛距離みたいなものだとお考え下さい。(1人1本のエントリーとなります)
・本塁打の測定は記事公開24時間内のHIT数ではなく、その後のHIT数も加算します。最終的な本塁打王はペナントレース最終日終了時点で一番HIT数を稼いだコラムに決定します。
・最多勝は対戦における個人の勝ち星です。

4、文春野球フレッシュオールスター2021 

 明日、7月15日(木)に行われる「文春野球フレッシュオールスター2021」の出場メンバーが決定いたしました。今年もたくさんの応募作品の中から勝ち抜いた、6人の書き手が選出です。以下ご紹介します。

【イースタン・リーグ】
巨人 柳賢(2年ぶり2度目)
「1994年の落合博満 ガッツポーズをしない男がガッツポーズをした瞬間」
埼玉西武 パニーニ暮野(初出場)
「苦しいときも悔しいときも…西武・山田遥楓の“声出し”が教えてくれたこと」
東北楽天 けん(初出場)
「『野球にも楽天にも興味なかったんだけど…』女川のおじさんとイーグルスの復興物語」

【ウエスタン・リーグ】
阪神 とびたつばさ(初出場)
「阪神・大山悠輔のお父さんがやっているそば屋さんは、まるで大山のようだった」
広島 ウエハラアズサ(初出場)
「カープの守護神・栗林良吏はなぜあんなに帽子を脱ぐのか 気になりすぎて数えた結果…」
近鉄 たなてつ(初出場)
「叶わなかった優勝実況 『10.19』を演出した名アナウンサーの記憶」

 7/15(木)午前11時のプレーボールです。おもしろいと思ったコラムにはHITボタンを押してください。24時間のHIT数が一番多かったコラムにフレッシュオールスターMVPが授与されます。どうぞお楽しみに!

 プロ野球はオリンピックブレイクとなりますが、文春野球は7月20日(火)から後半戦がはじまります。ますます熱い戦いにご期待くださいませ。

 以上、文春野球コラムペナントレースコミッショナーだより6月号でした。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2021」。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/47106 でHITボタンを押してください。

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー