昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

3位 櫻井翔 「ライブのキレっキレのトーク最高」

櫻井翔 ©文藝春秋

 前回と同じ3位をキープしたのは「news zero」でおなじみの櫻井翔(39)。「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)の後継番組として「1億3000万人のSHOWチャンネル」のMCを務めています。また、NHKの東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーターとして相葉雅紀と共に活動中です。

「頭の回転が速くて、人を傷つけずに暖かい目で現場を回している。嵐のメンバーといると、本当に楽しそうに笑っている。まわりを大事にする人」(52・女性)

「頭が良くて、キャスターをしていると凄くかっこいいのに、バラエティやドラマでは3枚目も出来るところ。頭が良いのをひけらかさないところも好きです」(68・女性)

「頭が良くビジュアルも良く家柄も良く……と三拍子揃っている方なのでプライドが高くなってもおかしくないのですが、しっかり三枚目のコメントもできて逆にカッコいい」(34・女性)

「ライブのキレっキレのトーク最高です。自然と心に染み入ってきます。翔さんの一言一言が、心に優しくささってきます。ファンに寄り添って語りかけてくれる。お茶目さんでいえば、相葉ちゃんに引けをとらないくらい」(42・女性)

「キャスターをやっているだけあって、話を振ったり回すのが上手。MCとしての役割もしっかりしているのに、前に出る場面ではきちんと全力でやってくれる。ゲストも立てられるし自分も前に出られる、番組MCとして完璧です」(23・女性)

「嵐の活動休止会見の時、『無責任では?』との質問に対する、櫻井さんの答え方が良かったです。あの発言で大体皆が納得したのではないかと思います。ニュース番組の解説も分かり易いです」(59・女性)

「櫻井くんは今までのジャニーズアイドルの型を破って新しい風を吹かせた人だと思う。ジャニーズでも報道系にも進出していて後輩への道を作ったのはスゴいと思う。そしてカッコいい!」(49・女性)

「嵐を愛し続けた人。休止中も精力的に活動を続け、嵐の話を挟みながら、嵐が忘れ去られないようにしてくれているように感じる。櫻井翔が諦めない限り5人の再集結はきっと実現すると信じている」(33・女性)

「『木更津キャッツアイ』のバンビ役の頃からずっと大ファンです。サクラップにパワーをもらい、翔くんの主演ドラマ、沢山のCMに感動して、オリンピックやラグビーワールドカップのメインキャスターとして夢や勇気を沢山もらえたおかげで本当に幸せです」(58・女性)