昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

9位 大野智 「一見ボーッとしているように見えるけれど」

大野智 ©文藝春秋

 前回2位の大野智(40)は9位にランクダウン。2020年12月31日をもって嵐の活動は休止となっており、大野も活動休止となっています。「ゆっくり休んでほしい」という声や「また帰ってきてほしい」という声も多く寄せられました。

「嵐のライブは大ちゃんなくして成り立ちません。4人にいじられても、優しい笑顔。見ているこちらまで笑顔になります。歌声も大好き。毎回寒気がするほど感動する。踊りもうまいし、やはり嵐のリーダーです」(42・女性)

「芸能活動を休止したあと、リーダーはいるだけでリーダーの役割を担っていたんだと気づかされた。居てくれるだけで他の4人を絶妙なバランスにしてくれていたんだと思う。気付くのが遅かったけど、またメディアに帰ってきてほしいと思う」(23・女性)

「ファンへの『俺のことを好きでいてくれて有難う、俺は幸せものです』という謙虚で素直なシンプルな言葉に、こちら側がジーンとして温かい幸せな気持ちになる」(44・女性)

「一見ボーッとしているように見えるけれど、実は嵐の中で歌唱力、運動神経、ダンス、料理の実力ともにナンバーワン」(35・女性)

「やっぱり歌とダンスは上手すぎると思う。あの無重力な感じを出せる人はジャニーズに他にいない。ステージ上ではあんなにかっこいいのに普段はほわんとしているあのギャップ。今までたくさんの癒しを与えてくれたのでお休みに入ってゆっくりできているといいなーと思う」(26・女性)

「『魔王』の演技に魅了されてその後はダンス、歌、アート、人柄と知れば知るほど沼にはまっていきました」(51・女性)

8位 松本潤 「松本潤がいたからこそのラストイヤーになった」

嵐・松本潤 ©文藝春秋

 前回5位の松本潤(37)はややランクを落とすも、ベスト10入りをキープ。今年の冬には「99.9-刑事専門弁護士-」が映画化、2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」では主演を務め、徳川家康を演じます。

「『嵐にしやがれ』のTHIS IS MJの松本潤くんはとてもかっこよくて、いつも楽しく拝見していました。大河ドラマも期待しています」(56・男性)

「Netflixで配信されていた嵐の番組でライブの演出について遅くまでスタッフと激論し考えている姿を見ました。あれほど嵐に賭けている松本くんの姿に胸を打たれました」(43・女性)

「嵐のために本当に頑張ってくれたから。コンサートの演出のために長時間の打ち合わせをしたり、とにかくファンと嵐のために頑張ってくれた。嵐ファンとして頭が上がらない。大河も映画も応援しています」(23・女性)

「嵐の活動休止までの2年間、嵐の事だけに全力で尽くしてくれたり、ファンが不安にならないように前向きになる言葉を投げかけてくれたりして優しさ誠実さを感じたから。SNSを解禁するために頑張ってくれてありがとう。類稀なるスター性を持っていながら親しみやすさがあったり、真顔の時はめちゃくちゃイケメンなのに笑うと可愛いというギャップ。

 グループが活動休止して久しぶりに表に出てきた姿を見てやっぱりイケメンだと思った」(26・女性)

「嵐というグループ、ファンをなにより最優先にして2020年を嵐、松本潤として個人仕事ではなく嵐としてできうる限りのことをし続けてくれた。松本潤がいたからこそのラストイヤーになった。筋の通し方、熱量、誠意に人として尊敬しかない」(45・女性)

「ジャニーズアイドルとしての自分の立ち位置をちゃんと知ってる、でもそれに甘んずることなく常に上を目指して切磋琢磨している姿は、本当に美しいと思います。コンサートの演出にかける情熱はホントに半端なくて、ファンの心に寄り添いながら、でも必ず最高のやり方で裏切ってくれます。デビューから努力しながら自分の居場所をどんどん広げて、力をつけていっている姿はもう本当にすばらしいの一言です!」(40・女性)