昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

15位 堂本光一 「キラキラ王子様を具現化したジャニーズのプリンス」

ジャニーズ公式HPより

 前回19位から4ランク上げて15位にランクインしたのはKinKi Kidsの堂本光一(42)。舞台「SHOCK」シリーズは2000年の初演から20年以上も連続で上演されています。6月2日には6年ぶり5作目となるアルバム「PLAYFUL」をリリースしました。

「きらびやかな容姿を持ち合わせていながら、飾らない、庶民的なイメージが好きです。中学時代は、ファンクラブにも入っていました。裏表の無さそうな爽やかさ、ミュージカルの世界で地道に道を切り拓いている頑張りをこれからも応援したいです」(38・女性)

「プロデュース力は実は剛君よりも上なのではないかと思っています。カラオケで人気の『愛のかたまり』のタイトルを決めたのも『ボクの背中には羽根がある』の歌詞の一部を変更したのも光一君。KinKiはどちらも才能あふれていて好きです」(56・女性)

「キラキラ王子様を具現化したジャニーズのプリンス」(44・女性)

「舞台のカッコ良さとコンサートMCの面白さのギャップがいい」(28・女性)

「堂本剛のパニック障害を支え、陰でしっかりとKinKi Kidsを守り続けた功労者。天才肌の堂本剛に対し、光一は不器用で努力の人だった。現在ミュージカル界の先頭を走っているが、もともと喋りは下手、歌も下手、踊りも剛に比べたら下手だった彼がここまでになったのは、ひとえに人並みならぬ努力の成果」(41・女性)

14位 生田斗真 「俳優として頭角を現し、地に足が着いた安定した演技が魅力」

生田斗真 ©文藝春秋

 前回20位の生田斗真(36)が14位にランクイン。2020年6月1日に女優の清野菜名との結婚を発表しました。2021年1月期ドラマ「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」(テレビ朝日系)で主演を務め、6月には公式Instagramも開設されました。

「文句なく、演技がうまい。トランスジェンダーの女性役を演じた時は本当にすごいと思いました」(59・女性)

「画面に映った瞬間惹きつけられる特大の華がある。明るい性格で仲間や後輩にも優しい事務所の太陽」(36・女性)

「子役時代から始まり、俳優として頭角を現し、地に足が着いた安定した演技が魅力です。私生活でも弟さん(生田竜聖アナ)が結婚で上手く行かなかったことや自身のキャリア、奥さん(清野菜名さん)の事もしっかり考えて結婚を決めた事に真剣さを感じました。結婚で更に好感度を上げたと思う。好きな夫婦です」(32・女性)

「男も憧れる男前な上に演技が上手く硬軟自在。ジャニーズにありがちな格好つけている感がなく、自然体な感じが逆にとても格好良く感じる」(33・男性)

「舞台を観に行った時に目力に体中に電気が走る感じがして、それ以来目が離せないです。後は声が素敵!」(35・女性)