昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

5位 相葉雅紀 「小さい子どもや動物に接する時の優しさ」

相葉雅紀(Johnny's netより)

 前回4位、今回5位と2年連続でベスト5入りしたのは相葉雅紀(38)。現在、「相葉マナブ」(テレビ朝日系)、「I LOVE みんなのどうぶつ園」(日本テレビ系)、「VS魂」(フジテレビ系)と3本のレギュラー番組を持ち、バラエティ番組で大きく活躍しています。

「自分の事よりも他の誰かの事を考える暖かいハートの持ち主。周りをほっこりさせる空気感が素敵。活動休止になってもグループへの想いが人一倍強い方だと思う。出演する番組でも他の共演者への気遣いが伝わる」(32・女性)

「小さい子どもや動物に接する時の優しさ。相葉ちゃんを見てるとこちらまでほっこりとして笑顔になれるから」(52・女性)

「嵐活動休止後も1人で難しいバラエティー路線で頑張っていて露出が最も多いので1人で嵐を守っている感じがしてなんか応援したいという感じです」(40・男性)

「性格の良さが画面から滲み出ていて、相葉ちゃんを見ていると癒されます。特に、疲れた時に『相葉マナブ』を観るとほっとします」(60・女性)

「ライブに行くようになって、相葉ちゃんの良さが一番伝わってきた。心が優しい人って見ていて伝わってきます。いつも笑わせてくれる。天然さが自然で嫌味が全く感じられません。癒される」(42・女性)

「国民的アイドルなのに、近所にいる親戚のような親近感がもてるから」(48・女性)

「笑顔が素敵だし人柄がいい。ラジオでも番組で知り合った農家さんとのエピソードを話していて、人を大切にする人だと思った。相葉くんに学ぶことばっかりです。ああいう素敵な人になりたい。まさに理想」(23・女性)

4位 岡田准一 「もう『映画俳優』と言って良いのでは?」

岡田准一 ©文藝春秋

 4位にランクインしたのはひらかたパークの第2代ひらパー兄さんも務めるV6の岡田准一(40・前回7位)。アイドルの域を超えたアクションに絶賛の声が多く集まりました。10月15日には土方歳三を演じた、司馬遼太郎原作の映画「燃えよ剣」が公開予定です。

「関西人としてはひらパー兄さんでお馴染み。ほんとくだらない仕事をよく引き受けてくれたし、何年もやってくれてるし、宣伝はいつも本気だし。ひらパー以外でも仕事は常に全力というタイプ。妥協しないその姿勢は男としてやっぱりかっこいいと思う。どんな仕事でも手を抜くのは論外というのは言うのは簡単だが実際にやるのは簡単じゃない。だからこそ好感が持てる」(37・男性)

「映画『永遠の0』の演技が素晴らしく、また武道にも長けていてこれからの演技も楽しみです。ジャニーズとしてより俳優さんとして好きです」(59・女性)

「もう『映画俳優』と言って良いのでは?というくらいの時代劇での身のこなしとアクション。『燃えよ剣』の公開が待ち遠しい」(56・男性)

「アイドルの枠を超え、アクションを極めて、本格的な俳優としてご活躍されている。理想的な体型を維持されている」(51・男性)

「『軍師官兵衛』で見せたすさまじいばかりの迫力ある演技は圧巻だった。他の武将役も見たくなる」(61・男性)

「俳優としてあれだけ突出して大成したら真っ先に退所すると思っていたが、結局V6解散まで残留した末っ子としての心意気、さすがひらパー兄さん。身体能力の高さは日頃の鍛錬の賜物です」(49・男性)

「もはやアイドルというより、アクションもシリアスもコメディもこなす演技派俳優という印象です。番宣などでバラエティ番組に出てもしゃべりが上手く、笑いもとれるのでこれからももっともっと活躍していくと思います」(30・女性)