昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/09/03

使った後の油も消える?

 維持費がかからなくて生ゴミが家庭で消える? 本当かよ、電気代もかからない? 何だかわからないけど、菌とか定期的に購入してきて生ゴミにかけなければならないから面倒くさいとかないの?そうなんです! これがないんです!! 何かテレビの通販みたいになっちゃいましたね。

 そもそも黒土の中に無数のバクテリアが住んでいるので、そのバクちゃん(優秀な働きをしてくれるから親しみを込めてバクテリアのことをバクちゃんと呼ぶことにしました)が全て生ゴミを分解してくれるという。分解できるものと分解しにくいものはあるらしいが、分解しにくいものだけ(卵の殻やアサリの貝殻、肉の骨等は時間がかかる)は可燃ゴミで捨てるとしてもだいぶ可燃ゴミが減る。

 このベランダdeキエーロのすごいと思ったところは、使った後の油も入れることができるというのが、優れもの。唐揚げやった後に油を固めるやつ買ってくるの、なかなか厄介でしょ? しかもバクちゃんが食べるとのことで、彼ら彼女らが生きていくには水が必要だということで、台所の水切りが不要というところだね。ちょっといいんじゃない、コレ? 

 バクちゃんは人間が好きなものが大好きらしいので、ヨーグルトなんかも大好き。子供とか突然残したりしません? あれ、嫌なんだよなー。風邪菌とか持ってねぇだろうなと思いながら、食べ残しを食べるのが。バクちゃんが風邪にかかることはなさそうなので遠慮なくあげられるね。

 これの最大のポイントはキエーロというところ。この生ゴミ、分解されれば、カサが増えない!! ここがすごくない? だからマンション暮らしの人でも堆肥がどんどん増えていって、置く場所に困るみたいな事態が起きないんだってさ。だからベランダdeキエーロをベランダに置くだけ。黒土に入れるだけで、生ゴミを魔法のように消してくれるらしいね。これはいい。カラスが狙うのは大体、生ゴミ。これ皆でやれば相当、ゴミ減るんじゃない?(続きを読む)

日本全国 ゴミ清掃員とゴミのちょっといい話

滝沢秀一

主婦の友社

2021年8月2日 発売

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z