昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「怖い話」が読みたい

2022/01/02

genre : エンタメ, 社会

終わらないハッピーバースデー

 そして、人々がおもむろに散乱したプレゼントやケーキの残骸を片付け始める。あらかた片付け終わった後、画面に映ったものにNさんと彼女はギョッとした。

 また、ケーキが運ばれてきたのだ。

「ハッピ…デートゥー…ウー!」

 ズーーー…ズッ、ズズーーーー…ズズーーー……

「ハッピバース…ートゥー…ユー!」

 ズーーー…ズッ、ズズーーーー…ズズーーー……

「ハッピ…デーディア、ョウコちゃーん」

 ズーーー…ズッ、ズズーーーー…ズズーーー……

「ハッピバース…バースデートゥー…ユー! おめでと~!」

 ズーーー…ズッ、ズズーーーー…ズズーーー……

「ありがとー! みんなありがとうー!」

 異様な事態が起きている。どう考えても普通ではない。一瞬、何かの映画のワンシーンかと思ったが、女子高生の拳からタラタラと流れている血は、演出とは思えないリアルさだった。

「ねえ、これ、なんかマズイやつじゃない……」、Nさんの彼女が袖を掴む。

 ガサガサササ……

 周囲の人々が無言でプレゼントを準備し始める。

 一体何が起きているのか、全く理解できない。この不可解な行事を写したビデオはなんなのか。これを見てなぜB君は心を病んでしまったのか。そもそも“ぼーだー”がこれをB君に送りつけたのにはなんの意味があるのか。

 ガガッ……

「あの、これもう1回あるんですよね?」

 突然、女子高生の周囲にいた一人のサラリーマンのような男が、カメラに向かって振り返り小声でそう問いかけた。

「えぇ、もう1回あって“おわり”になります」

 カメラマンらしき女性が答える。

「ああ、わかりました」

 パチパチパチパチパチパチパチパチ!!

 パチパチパチパチパチパチパチパチ!!

 パチパチパチパチパチパチパチパチ!!

 ズーーー…ズッ、ズズーーーー…ズズーーー……

 これが段取り通りとでも言うかのような女性カメラマンの様子に、Nさんは一気に血の気が引き始めた。

 この異様な状況が繰り返され、最後に起きる何かでB君はおかしくなった。

 そんなもの、もう見たくなかった。

 カチャ

 Nさんは動画を止め、ファイルを削除した。