昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

スターと暮らせば

2022/01/22

ーー選ぶ側も双子の片方を受からせるのは心が痛みそうですしね。家に帰って揉めなければいいとか考えてしまうんじゃないかなと。

祥太 僕らは揉めなかったですけどね。

慶太 全然。

『キッズ・ウォー』のオーディションにはビショビショの姿で

ーーじゃあ、祥太さんが『キッズ・ウォー2』の紺野翼役に受かった時も気まずくなることもなく。

祥太 僕自身も「よっしゃー!」って感じでもなかったです。どうなんだろうなって。

慶太 まぁ、あそこまで流行るとは思ってなかったしね。普通の昼ドラくらいに思っていて。あと、僕はオーディションの時は部活を頑張ってたので。

祥太 『キッズ・ウォー2』のオーディションは、たまたま僕ひとりで行ってるんです。

慶太 僕は当時バドミントン部の部長で、オーディションの日は県大会出場が懸かった試合があったんで行かなかったんですよ。熱中してたので、オーディションよりも試合に出たくて。うちの中学は区内で1位だったんです。

祥太 僕もバド部だったけど、幽霊部員に近かったんで。その日は慶太から「祥太、頼んだぞ。頑張ってきてくれ」って送り出してもらって(笑)。

慶太 そんなこと言ってないですよ(笑)。

 

ーーオーディション当日はどしゃ降りなうえに、間違えて会場の数個前のバス停で降りてしまったために、ずぶ濡れで向かったそうですね。

祥太 雨の中を走っていって、遅れたんです。記憶に残ってる。

慶太 ディレクターさんからしたら、ドラマみたいな感じに見えちゃったんじゃないですか。雨降ってるなかを走ってきて、ビショビショで「遅れました」ってハァーハァーやってたら。

祥太 そうかもしれない。

ーーオーディションでは、井上真央さんが祥太さんを紺野翼役に推してくれたという。共演者を選ぶなんて、若くして大御所感が漂っているといいますか。

祥太 真央ちゃんが選んでくれたんだというのは、後から教えてもらいました。オーディションには、真央ちゃん、真央ちゃんの事務所の社長さん、プロデューサーがいて。オーディションが終わって「どの子が良かった?」って話になった時に、真央ちゃんが僕を推薦してくれたんじゃないかな。

――ちなみに、その日、慶太さんはバドミントンの試合で勝ったんですか?

慶太 たしか、勝ったと思います。

祥太 俺も勝ち取ったし、お前も勝ち取ったよな(笑)。

z