昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

スターと暮らせば

2022/01/22

「双子だからタイミングが合う」は誤解

ーー同じ作品に出演する際は、2人で台本の読み合わせもするんですか。

慶太 夜、家でよく一緒に練習していましたね。

祥太 電話でもセリフ合わせやったことあったよね。どっちかが家を離れてる時とか。

慶太 あった、あった(笑)。

ーー喧嘩をする場合、その原因は演技のことが中心になっていくわけですか。

祥太 舞台で、ふたりで同じセリフを同じタイミングで言うことがあったんですよ。その間がズレた時は「おまえ、もっと早く」「おまえ、もうちょっと遅くしろよ」とか言い合いましたね。

慶太 どちらかが、どちらかに合わせちゃうとダメなんだよね。

祥太 最終的には、そうなんです。

ーーうまく合うと、「双子だから」みたいに言われたりは。

祥太 そう言われました。「やっぱ、双子は合うんだね!」とか。いやいや、ちゃんと考えて合わせてるんだよって。

 

ーー『キッズ・ウォー』『ホットマン』でブレイクして、慶太さんが『WATER BOYS 2』(フジテレビ、2004年)に出られるなど、別々に活動するようにもなりました。忙しかったと思われますが、遊べたりはできたのですか? 10代後半だと遊びたい盛りですし。

慶太 遊んでましたね。SNSもない時代だったし、誰かに見られている感もいまよりは薄かったし。楽しくやってましたね。

祥太 「テレビ出てます」「芸能人です」といった感覚もなかったし、友達も地元の一般人の友達ばかりだったんで。

ーー周りから「調子に乗んなよ」みたいに思われることはなく。

慶太 でも、やっぱり若かったので、現場に行くと調子に乗ってました。「なめんじゃねえぞ」みたいな(笑)。『WATER BOYS 2』をやってたあたりは、それが凄かったですね。

撮影=松本輝一/文藝春秋

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(18枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z