文春オンライン

特集女芸人の今

「M-1で優勝すれば、すべてがひっくり返ると思っていたのに」ラストイヤーで決勝を逃し…漫才コンビDr.ハインリッヒが語る「その後に待っていたもの」

「M-1で優勝すれば、すべてがひっくり返ると思っていたのに」ラストイヤーで決勝を逃し…漫才コンビDr.ハインリッヒが語る「その後に待っていたもの」

2022/01/29

――自分たちのいいところを変えずに、ゴールデンの大テレビ番組にフィットさせていくのは並大抵のことではないですよね。

 難しいことですね。もはや天の配剤……審査員よりもっともっと高い、宇宙の配剤と思いますから。でもそう、これの理由がいつ知れるだろうとは思いながら生きてます。

――「これの理由」とは?

ADVERTISEMENT

 決勝に進めなかったことの理由ですね。ずっと『M-1』優勝すると思いながら生きてたんです。ほんまに、女性初の優勝は自分たち以外にありえないだろう、ぐらいに。だけどラストイヤー終わってしまった。ということは、また別の物語が用意されてるだろうなと。

 ああ『M-1』じゃなかったのか、代わりにもっと何か素晴しいものがあるのだろうと思いながら、今は生きてますね。

 人はミッションを持って生まれてくるという考え方を、わりと信じているので。今自分が地球に生きてて、やるべきミッションがあるんだろうなというのはすごく思ってる。

 やっぱり無意味なわけがないと思うんですよね。それこそ漫才のネタにしたくない双子であることとか、女性であることとか。生まれた時に決まってるからには、なにか意味があるのではないかと。

 この我々の感じやからこそ、我々がやるべきミッションがあるんだと思うんですよ。

返ってきた「民衆の支持」

――アーティストスポークンで「(『M-1』決勝には進めなかったけど)民衆は支持してくれた」というお話をされていましたが。

 そう、『M-1』でかたちとして返ってきたものは「民衆の支持」だったんですよ。それが数字となったから、会社が気づいてくれた。民衆にこれだけ支持されたのかって。

 

 我々を出す気にならなかった、例えばテレビや吉本興業も、数字で初めて我々を信用できたんです。テレビや会社が感じている「本当にDr.ハインリッヒを使っていいのかな」という不安を、民衆が取り除いてくれたんですよね。

『M-1』でいうと、YouTubeを見てくれた人の数ですし、今はチケット売上というのが、一番会社に信用される。

 ほんならやらしてあげよう、ってなるんですよ。

 結局やっぱりビジネスですから、数字って強いじゃないですか。我々を勝手に見つけて「おもろいおもろい」って言ってくれる、この民衆というのが、一番の証拠品で。とても偉い人のおめがねにかなったり、先輩にかわいがられて芸人は売れていくんだろうなと思ったら、その逆やったんですね、我々は。新しい時代だと思います。