昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集移動編集部

genre : ライフ, 娯楽,

開始早々に凄まじい釣魚力を発揮

 ラインに大きめの針を結んだだけのシンプルな仕掛けだが、牡蠣の重さで一気に水深15mの海底まで沈んだ。着底して少しラインを張りアタリを待っていると「ふっ」と軽くなった。餌取りにやられたのだ。

何度も餌を投入する

 このようなやり取りを何度か繰り返す間にも、先生は当たり前のようにイシダイやコブダイを釣り上げていった。

吉本氏が釣ったコブダイ
吉本氏が釣ったサンバソウ

 焦って釣ろうとせず、アタリ方の違いを見極めるためにも、どんどん餌をとらせて反応の違いを確認していく。すると強く引き込まれるアタリがでた。

 しっかり合わせると魚が乗った。小気味よい引きであがってきた魚は……イシダイ! の幼魚(シマダイ)だった。

私もシマダイをゲット

 かぶせ釣りの初釣果で嬉しかったが、このサイズなら千葉県でもサビキ釣りで釣れることがあるのでリリース。餌取りと言うとフグやキタマクラを連想するが、このイシダイ釣りの代表的な餌取りはイシダイ(幼魚)らしい。

 その後、牡蠣が落ちていく最中にひったくられるアタリが出てとっさに合わせると、これまでにない強い引きが!

穂先は繊細だが手元にかけて強靭さがある

 上がって来たのは…イシダイ! の若魚(サンバソウ)。

徐々にサイズアップしてきた
z