昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集移動編集部

genre : ライフ, 娯楽,

 ということで塩焼きもいただく。

イシダイの塩焼き ©ぬこまた釣査団

 これだ。

 ほどよく脂が溶け噛むと身からハンバーグのように滴る旨味。間違いなく鯛系の魚で最高クラスのジューシーさ。

 加熱料理が最高に美味い! 鍋に投入してもイシダイの香りが出汁に一切負けない存在感を出している。特に厚みのある皮がプルプルになり口の中で溶けて格別だ。

 頭から骨まで、すべて料理にしていただける。

イシダイの兜煮 ©ぬこまた釣査団

 40cm、51cmの個体ともに同じ感想だった。これがイシダイか、目を瞑って食べても個性が強すぎてイシダイと当てることができそうだ。

 残りの切り身は冷凍しておいて、後日、西京焼きにして食べてみよう。

シンプルにして最強と言える釣り

 イシダイが、堤防からナイロンライン5号に針を結ぶだけの仕掛けで釣れることに驚いた。

かぶせ釣り専用タックル ©ぬこまた釣査団

 かぶせ釣りに限らず、伝統釣法は、現代まで受け継がれてきただけの理にかなった釣りであることは間違いない。それが釣具の進化と共により洗練されることで、今回経験したような爆発的な釣果を叩き出すことにつながる。

予想をはるかに超える釣果だった

 かぶせ釣りのすごみに触れることができた島根県浜田市での釣行だった。

写真=山元茂樹/文藝春秋

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(35枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z