文春オンライン
“暴走族スタイル”のランボルギーニ、“全面メタル彫刻”のインパラ……国内最大の“改造車フェス”で出会った“ヤバい車”を徹底ルポ

“暴走族スタイル”のランボルギーニ、“全面メタル彫刻”のインパラ……国内最大の“改造車フェス”で出会った“ヤバい車”を徹底ルポ

2022/01/25

genre : エンタメ, 娯楽

note

 とりわけ、スポーツカーやカスタムモデルなど「車好き向けの車種」の公開は、オートサロンの「お祭り」の雰囲気にマッチする。今回も「フェアレディZ」や「GRMNヤリス」など、注目度の高いモデルが公開された。

ランボルギーニの限定車を「暴走族スタイル」に

 おのずとメディアの注目は新型車に集まるが、一方でやはり目を引くのは、フェラーリやランボルギーニをはじめ、「お目にかかるのは年に数度」といったスーパーカーの面々だ。数千万円の車両が当然のように並ぶ姿は圧巻である。

スーパーカーのカスタムを手掛けるオートヴェローチェのブース

 純正状態でもド派手な出で立ちのスーパーカーを、さらにアグレッシブに装飾した改造車両の数々に、圧倒されずにはいられない。

ADVERTISEMENT

 しかし、高級ブランドの店舗に足を踏み入れがたいのと同様、ギラギラしたスーパーカーのブースにはある種の「近寄りがたさ」を感じるようでもあった。「自分などチリのように扱われてしまうのではないか」と足がすくむ。

ドライカーボンのボディキットを装着したLiberty WalkのアヴェンタドールSVJ

 なかでも見るからにギラついたオーラを放つのが、Liberty Walkのブースに展示されたランボルギーニである。ベースとなるのは「アヴェンタドールSVJ」であり、なんと世界で限定900台のモデルである。「お得意様」にしか販売されない貴重なモデルを、同社のコンセプトである「暴走族スタイル」に変貌させているのだ。