昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

スターと暮らせば

2022/02/05

テレビに出るようになってわかった、弟・たけしの“大変さ”

ーーテレビに出ているたけしさんを「ただ適当に世間話をしているようにしか」思えなかったものの、「テレビに出るようになって私も大変さがわかった」とお話しされましたが、その“大変さ”とは具体的に。

北野 同級生たちとか、仲間内で笑わせるのって簡単じゃないですか。バックグラウンドが共通しているし、笑えるツボも把握できていますよね。ところが、テレビは老若男女、あらゆる年齢、あらゆる人が見るわけです。その大部分を笑わせるのは、やっぱり頭が良くなきゃ出来ないですね。

 弟がテレビに出ているのを見て「適当に喋ってんなー」って思っていましたけど、実際に自分が出てみたら、とんでもない。弟の真似なんてできないですよ。テレビに出てみて「ああ、すごいな」って思いました。

 

 人間って、そういうところがありますね。自分がやってみて出来なくて、初めて相手の価値を認めるという。まさに、私と弟がいい例です(笑)。

ーーでは、テレビに出るようになってからは、たけしさんを弟ではあるけど先輩みたいな複雑な思いをもって見てしまうような。

北野 あくまで、弟は弟。さすがにいまは「おい、たけし」なんて呼ばないですけどね(笑)。

 ただ、周りの方の弟への接し方は凄いですね。変な言い方ですが、ちょっと腫れ物に触るような。弟はああいう気さくな男だから、威張ったりしないですけど、周囲は「たけしさん、たけしさん」って感じですよね。

 威張っているわけじゃなくても、みなさんが敬意を表してくれるというか。特に映画なんかで賞をもらったりしちゃうと余計にそうなりますよね。

 私なんか、たまたま大学を出て、研究所に入って、資格や博士号を取っているから、そういうものの裏付けで評価されていますけど、弟はなんにもない裸一貫でやってきて評価されているんですから、それは本当にすごいことだなって思います。

z