昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

スターと暮らせば

2022/02/05

「あれがさ」「それがね」…弟の呼び方に迷ってしまう

ーー「たけしなんて呼ばないけど」とおっしゃいましたが、いまはなんて呼ばれるのですか?

北野 いまは難しいんですよ。たけし君とは言わないし、たけしさんでもないし。だから、名前で呼ばないですよ。「あれがさ」とか「それでね」とか(笑)。

 弟は「あんちゃん、あんちゃん」って言いますけど、昔は「おい、大!」なんて呼び捨てだったんですよ(笑)。まぁ、さすがに私も嫁さんの前なんかでは、「弟が」って言い方をしますね。

ーーちなみに、『平成教育委員会』(フジテレビ、1991~1997年)などでたけしさんと共演もされていましたが、どんなお気持ちでしたか。

北野 ダメですねえ。男の兄弟って、やっぱり照れちゃって。本音を言わないし、弟も「あんちゃん、ちゃんとしろよ」とか言うけど変に意識しちゃっていますから。まぁ、漫才をやっている兄弟じゃないですしね。

 弟はお笑い芸人、兄は化学の研究者。その対比が面白くて、注目を浴びたんでしょうしね。だから、漫才のコンビみたいに2人が出てきて面白いなんてのはできないですよ(笑)。

撮影=石川啓次/文藝春秋

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z