昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : ニュース, 社会

 読書感想文には、準奈さんが内なる自殺願望と戦いながら、紙一重で思い留まっていた心情が綴られている。だが、両親がこの感想文の存在を知ったのは、準奈さんが亡くなった後だった。

「せっちゃんが死んだ後、3月に学校から返却されたものの中にこの感想文がありました。最初に目にした時は“自殺”という文字を見ただけで、気分が悪くなりました。この文章を読んだ国語の教員はせっちゃんに『大丈夫?』と聞いただけで、娘も『大丈夫』と答えたそうですが、なぜ親の私たちに一言教えてくれなかったのか。感想文には『今すぐにでも死にたい』と書いてあり、とても危うい精神状態だったことは担任も把握していたはずです」(父親)

山形県酒田市立第一中学校

準奈さんが亡くなった後、両親は学校に原因の徹底的な調査を要求した。しかしその結果は、両親にとって全く納得がいくものではなかったという。(#7へつづく)

【悩みを抱えた時の相談窓口】
「日本いのちの電話」
▽ナビダイヤル「0570-783-556」午前10時~午後10時
▽フリーダイヤル「0120-783-556」毎日:午後4時~午後9時、毎月10日:午前8時~翌日午前8時

1月29日(土)21時からの「文春オンラインTV」では本件について担当記者が詳しく解説する。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(53枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z