昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「マカロフで腹へ向けて1発」「仲間に撃たれメガネのレンズが眼に突き刺さり」小日向将人死刑囚が綴る『前橋スナック銃乱射事件』の凄惨な一部始終《獄中手記250枚》

前橋スナック銃乱射事件#4

genre : ニュース, 社会

 スナックで飲んでいた一般客を含む4人が、突然現れたヤクザに射殺された『前橋スナック銃乱射事件』。2003年1月25日夜、雪景色の中での惨劇だった。

 指定暴力団住吉会系暴力団員の小日向将人死刑囚と山田健一郎死刑囚が、敵対する稲川会系組織の組長を襲撃するため拳銃を乱射し、その場にいた一般人の客3人を含む4人を殺害。指示をしたのは、2人が当時所属していた住吉会幸平一家矢野睦会会長だった矢野治死刑囚(2020年1月に東京拘置所で自殺)だ。

当時、事件が起きた直後のスナック ©️共同通信社

「文春オンライン」取材班は、小日向死刑囚が獄中で綴った便箋250枚を超える手記を入手。そこには事件に至る出来事の詳細が記されていた。

『前橋スナック銃乱射事件』の直前、小日向死刑囚は襲撃のパートナーとアジトで数日を過ごしていた。いつ襲撃命令が下るかわからないという極限状態で、パートナーが精神に異常をきたして交代。実行役は小日向将人死刑囚と山田健一郎死刑囚に決まった。

 小日向死刑囚は交代で来た山田死刑囚とスナックの下見などを済ませ、再び矢野死刑囚からの指示を待つ張り詰めた生活が始まった。

※誤字脱字などは正しい表記に編集。手記では、故人は実名、その他は仮名となっており、記事上でもその大部分を踏襲しています。

◆◆◆

矢野からの襲撃指示「いよいよ来たか…」

《そうして平成15年1月25日の夜おそく11時頃だったと思いますが、矢野会長から、「後藤(邦雄組長※襲撃のターゲット)が店に入ったぞ」「向かえ」という指示の電話が入りました。「いよいよ来たか……」と、この時の私の気持ちは、言葉では言い表せるものではありませんでした。それまでの間にアジトで家族のことが頭に浮かんだりして、「帰りたいなあ」「家族がいるのに子供が3人もいるのに何でこんなことしてるんだろうなあ」などと思ったりしていました。それでも健太郎さん(仮名・山田健一郎死刑囚)と私は、アジトを出発して、まずバイクを停めてあった場所に向かいました。その途中、矢野会長から「今どこだ」「どこ走ってる」「まだつかないのか」などと、しつこく電話が入りました》

スナック襲撃の直前、小日向死刑囚らがが車を停めた幸塚町公民館の周辺 ©️文藝春秋 撮影/上田康太郎

 スナックへ向かう道中は、重苦しい気持ちだった。

《脳内出血して頭痛はひどいし、鎖骨は折れてくっつかないし、体の調子もよくないのに、むりやり駆り出されてこんなことに使われて、不満でいっぱいだったので、電話がかかってきても返事もせず、無言の抵抗をしました。

 

 すると矢野会長は、「ゲームだから、ゲームゲーム」「そんなに深刻に考えちゃだめだよ」などと言ってきました。これから人の命をうばおうというのに深刻に考えてはいけないのか? またそれはゲームなのか? それは温かいコタツの中で、自分は安全な場所にいて、電話で指示命令だけしていればゲームのように感じるのかもしれないけど、こっちは真冬の雪ののこる寒い中、体の調子も悪いのにかけずり回って、命がけで働いているのだから不満も出て当然でしょう。しかし命令には逆らえず、命令通りに動くしかありませんでした》

関連記事

z