昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載春日太一の木曜邦画劇場

公開中の映画『ガンダム』の殺陣に『昭和残侠伝』の高倉健を見た!――春日太一の木曜邦画劇場

『昭和残侠伝 一匹狼』

2022/07/05
1966年(90分)/東映/3080円(税込)

 アニメ映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』が公開中だ。この作品、チャンバラとしてかなり楽しめる。

 モビルスーツ同士の激闘が終盤に展開されるのだが、この時、双方ともに銃器はほとんど使わず、剣や斧で戦う。これが、見事な殺陣だった。

 しかも、ガンダムが戦場に現れる時は、煽り気味のアングルで撮っており、まさに「ヒーロー登場!」という王道演出。大いに興奮できた。

「スクリーン・オンライン」でのインタビューを読むと、安彦良和監督は「任侠映画の主人公という見せ方を意識」したという。それは「“待ってました!”という場面で颯爽と登場し、爽やかに解決する」という主人公像。

 ここで言う「任侠映画」とは高倉健の「昭和残侠伝」シリーズを指していると思われる。一連のシリーズで高倉健の演じるヤクザ・花田秀次郎(作品によって役名が変わることも)は、「颯爽と」敵地に乗り込み、豪快に斬り伏せていく。高倉健がドスを抜く時、当時の劇場では実際に観客から「待ってました!」と掛け声もかかったという。

 そして安彦自身は言及していないが、殺陣の見せ方も高倉健への意識が見受けられた。

 シリーズ第三作『一匹狼』で高倉健の殺陣のスタイルは確立されるので、今回はそれを取り上げる。

『ククルス・ドアン』の終盤、ザクは斧を下段に構えて敵と対峙する。その際、刃を相手に向けず、手首を返して後ろに向ける。これは、敵が迫ってきた時にカウンターで斬り上げる、迎撃用の構えだ。実際、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』では、そう使われている。

 が、このザクはそうしない。下段から大きく振りかぶり、こちらから敵に襲いかかるのだ。実戦で考えると効率の悪い動きだが、実はこれが、高倉健の定番なのである。

『一匹狼』のラスト、高倉健は浜辺で悪党と決闘する。その際、やはり手首を返して切っ先を後ろに向け、そこから振りかぶって斬りかかるのだ。

 高倉健は堂々たる長身の持ち主だ。その見事な体躯を活かすため、武器はいつも長ドスにし、斬る際もできるだけ上から思い切り斬り下ろすようにしていた。そうすることで、ダイナミックな迫力が殺陣に生まれるからだ。切っ先を後ろに向けた体勢から振りかぶると、長ドスの描く軌道はさらに大きくなり、一段とダイナミックな動きになる。

『ククルス・ドアン』のザクも、まさにそうだった。

 今の日本映画では、そうしたヒーローには出会えない。ぜひ劇場でガンダムやザクに――心の中で――「待ってました!」と声をかけてほしい。

やくざ映画入門 (小学館新書 か 22-1)

春日 太一

小学館

2021年9月30日 発売

時代劇聖地巡礼

春日太一

ミシマ社

2021年4月20日 発売

大河ドラマの黄金時代 (NHK出版新書)

春日 太一

NHK出版

2021年2月10日 発売

日本の戦争映画 (文春新書 1272)

春日 太一

文藝春秋

2020年7月20日 発売

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z