昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

FAXがいまだに活躍している日本…“現役生活”を長続きさせるこの国の事情とは?

池上さんに聞いてみた。

2022/07/06

Q なかなかなくならない「FAX」…何が便利?

 自民党の河野太郎議員が、「日本の外務省がFaxを使わなくなったお祝いに在京の大使が夕食会を開いてくれた」とTwitterに投稿して話題になっていました。

河野太郎衆議院議員のツイート

 たしかに、私の世代ではほとんど縁がないのですが、会社勤めをしている上の兄弟などにきくとまだ現役で活躍している業界もあるようです。直筆でかけたり、即時に送信できたりと登場した頃はとても便利だったんだろうなとも思うのですが、何がいまだに「現役」でいられる秘訣になっているのでしょうか。(20代・女性・学生)

©️iStock.com

A 「メールを送ることが苦手」という人にとっては…

 世の中には、まだまだパソコンを使いこなすことができない人が大勢います。パソコンでメールを送ることが苦手な人も多く、この人たちにはFaxが便利なのです。

©️iStock.com

 仕事では相手の会社のFax番号が前からわかっていますから、そこに送ればいいのですから楽なのです。もしパソコンでメールをやりとりしようと思っても、相手先のアドレスを知らなければ不可能です。相手もパソコンのアドレスを持っていなかったりしますからね。

 かくして人は易きに流れる。日本のデジタル化が進まないわけですね。

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z