昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/08/31

genre : ライフ, , 娯楽

個性的すぎる形の観覧車!

別府ラクテンチ フラワーかんらん車​(大分県)

別府ラクテンチ フラワーかんらん車

 全国でもひときわ特殊な形をしている観覧車が、別府ラクテンチにあるフラワーかんらん車だ。これは日本で唯一の二重式観覧車というもので、アームの両端に小さめの観覧車がついている。ゴンドラに乗り込むと観覧車が回転し、一周し終わる頃アームがぐるっと半回転する。その時間は観覧車とはまた別のアトラクションに乗っているようで、なかなかの恐怖を味わえる。ゴンドラが頂上まであがるとまた観覧車が一周し、同じくアームが半回転してもとに戻る。乗車時間はおよそ15分間だ。

ラクテンチ フラワー観覧車

 もともとは兵庫県の宝塚ファミリーランドにあったものであり、当時は同じ観覧車が背面にもう1基ついていた。2つのアームと4つの観覧車がそれぞれ回る豪快な乗り物だったが、2003年に閉園したあと2つのアームは分割され、ひとつは別府ラクテンチに、もうひとつはミャンマーに移設され、今でも活躍している。

ダグリ岬遊園地 観覧車(鹿児島県)

ダグリ岬遊園地

 鹿児島県志布志市にあるダグリ岬遊園地には、レトロで個性的な観覧車が動いている。一見いたって普通の見た目だが、近づいてよく見ると、ゴンドラの形が今までにないドラム型だ。水色に塗られた側面には手描きの雲が描かれゆるさを感じる一方、高さがあるわりに窓がなく吹きさらしの上部に、少しの緊張感を与えている。ドラム型のため360度、どの角度からも見やすく、景色を見渡せるのが新鮮だ。

ダグリ岬遊園地

 頂上からは志布志湾が見え、海の風をダイレクトに感じられる。ダグリ岬遊園地の、コイン式遊具を除くすべての遊具が、運営会社である谷口製作所が設計・製作したオリジナル。そのため観覧車だけでなくどの遊具も、独特のデザインで印象深い。40年前から変わらないという遊具たちは、長年愛され続けている証拠だ。

◆◆◆

 日常の風景はいつまでもそこにあると思いがち。しかし、パレットタウンの観覧車のように、ある日突然、これまで当然のように存在したものがなくなる日が来るかもしれない。気になった観覧車は迷わず、早いうちに乗ってみてほしい。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(33枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー