昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/08/31

genre : ライフ, , 娯楽

都内で唯一の屋上観覧車

屋上かまたえん 幸せの観覧車(東京都)

屋上かまたえん 幸せの観覧車

 東急プラザ蒲田の屋上遊園地、屋上かまたえんに残る都内で唯一の屋上観覧車。1968年に開業した際に初代の観覧車が立ち、1989年に2代目となる観覧車が設置された。2014年、ビルの改装に伴い撤去の危機があったが、「観覧車を残してほしい」という地元住民の強い要望を受け、2代目の骨組みを活かした上で色を塗り直し、「幸せの観覧車」として復活した。

 一周3分半、高さはおよそ10mだが7階建ての屋上にあるため、蒲田のまちはもちろんのこと、天気のいい日は遠く富士山まで見ることができる。

東京ドームシティ ビッグ・オー(東京都)

東京ドームシティ ビッグ・オー

 2003年、三菱重工が設計製作した観覧車、ビッグ・オーは中心に骨組みがない、世界初のセンターレス型。観覧車の外周にレールが設けてあり、レールに沿ってゴンドラが動く仕組みである。さらに観覧車の中心をジェットコースターがくぐりぬけ、時折猛スピードで走り抜ける。2つのアトラクションを合わせることで、テーマパークらしい演出と、スペースの有効利用を可能にした。

東京ドームシティ ビッグ・オー

 観覧車からは東京の街並みはもちろん、敷地内の隙間を縫うように駆け回る、ジェットコースターの動きにワクワクする。直径は60m、高さは80m、1周15分間。40台あるゴンドラのうち8台はカラオケ機能がつき、2台は車椅子も乗ることができる。

葛西臨海公園 ダイヤと花の大観覧車(東京都)

葛西臨海公園 ダイヤと花の大観覧車

 ダイヤと花の大観覧車は2001年オープン当時、高さ117mで日本一、世界でも2位の大きさを記録。計画当初は世界一になる予定だったが、1999年末にイギリスの大観覧車、ロンドン・アイが高さ135mで完成したため世界一の座を逃した。さらに完成9ヶ月後には福岡に120mのSky Dream Fukuokaが完成。しかしSky Dream Fukuokaは2009年に営業終了したため再び日本一に。しかしこれも現在は、大阪ららぽーとエキスポシティ内にあるRedohorse OSAKA WHEELに抜かれてしまい、日本で2番目に大きな観覧車となった。

葛西臨海公園 ダイヤと花の大観覧車

 海沿いの立地から、近くはディズニーリゾート、レインボーブリッジ、東京タワーやスカイツリー、遠くは房総半島から富士山に至るまで関東の有名観光名所を一望できる。