文春オンライン

「怖い話」が読みたい

ゴンゴンゴン…寂れた地方デパートの古いエスカレーターに現れる“不気味な落とし物”〈触らず店員にお知らせください〉

あけないの? #1

2022/09/04

genre : エンタメ, 娯楽

note

「なんか寒いし、嫌な感じで…‥」

 噂を聞いたFくんの案内で歩き出した一行。しばらく歩いていくとスッと人通りは少なくなり、気がつくと大きなデパートの前に着いていた。

「ここか……」

「ちょっと緊張するな」

ADVERTISEMENT

「まあ、普通のデパートって感じだけどな。古臭いといえば、古臭いけど」

 手動のガラス戸を押し開けると、少しカビ臭い冷気が体を包んだ。

「あー、涼しい……」

「なんか、昭和のデパートって感じだな」

「……人、全然いねえな」

 Kくんが言ったとおり、日曜日の真っ昼間だというのに、そのデパートはかなり閑散としていた。宝石や化粧品を売っている1階すら電光パネルの電源は落とされ、店員の数もまばら、客は高齢の女性が1人ポツンと歩いているだけだ。有線の曲が虚しくフロアに響いていた。

「で、その貼り紙はこの階にあんの?」

 静かなフロアに響いたTくんの声に、店員が反応してパッと目線を向ける。

「いや、3階か4階だったと思う」

 Fくんは声を落として答える。

©iStock.com

 

 ゴンゴンゴンゴン……。

 古びてはいるが豪華な造りのエスカレーターに乗りながら、Tくんが言った。

「3階だ。降りるぞ」

 紳士服の売り場のようだったが、1階にもまして人の気配がない。テナントの多くが撤退したのか、簡易的なパーテーションやカーテンで売り場が仕切られており、フロアの奥のほうは明かりも消されている。シーンとした雰囲気と低い温度に設定されている館内の冷房に、一同はブルッと身震いした。

「こりゃ長くないな、このデパート」

「もう少し人気のある場所を想像してたけど、マジでつぶれる寸前って感じだな。なんか寒いし、嫌な感じで……」

「おい!」

 TくんとFくんの会話を遮るように、2人の後ろにいたKくんが声をあげた。

「これじゃないの?」