昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「妹の方が顔が整っている」と言われ…学力や運動、見た目を比べられてきた“双子モデル”(34)が、整形を始めたワケ

ちえちかインタビュー#1

2022/10/02

 双子モデルとして活動している姉・吉川ちえさん(34)と妹・吉川ちかさん(34)。2人はこれまでに総額4000万円を超える整形手術を行ってきたことを公表し、ダウンタイム中の様子もYouTubeで配信している。

 2人にこれまで行った整形手術や双子ならではの苦悩などについて、話を聞いた。(全3回の1回目/続きを読む

姉の吉川ちえさん(左)と、妹の吉川ちかさん(右)

◆◆◆

これまで整形に使った総額は4000万円以上

――まずは直近の整形箇所をお聞きしてもいいですか?

吉川ちか(双子の妹、ロングヘア。以下ちか) ジョールファット(口横から口角下にある脂肪を除去する施術)とメーラーファット(頬骨とほうれい線の間にある脂肪の塊を除去する施術)ですかね。それぞれ顔のたるみに影響する脂肪を取る手術なんですが、明日がちょうど2か月検診です。ダウンタイムは3週間くらいありました。

吉川ちえ(双子の姉、セミロングヘア。以下ちえ) 私は顔の脂肪は取ってなくて、逆に目の下と頬がこけていたので、そこに脂肪注入したのが一番最近の手術です。ダウンタイムは2週間ぐらいだったかな。結構腫れましたね。

――脂肪除去と脂肪注入と、お2人は真逆の手術をされたところなんですね。少し顔の好みが違うんでしょうか。

ちえ 私はかわいい系で、ザ・キャバ嬢みたいな顔が好きなんです。

ちか 私はきれい系が好きだね。ちえとは目指す顔が全然違う。

「ザ・キャバ嬢みたいな顔が好き」という姉のちえさん

――たしかに唇のかたちとかも微妙に違いますよね。

ちえ 私は口角の皮膚を切って、唇のかたちをMにしています。その手術は難しくて、やりすぎるとジョーカーみたいな口になったりするんです。私はそれが嫌だったから、内側から切ってもらいました。傷口も残らないし、不自然じゃないから。でも、結構腫れたよね。

ちか 手術直後はお化けみたいに腫れ上がってたね。

ちえ 今はお互いに全然違う施術をしていますが、最初のころは二重の幅とかも同じようにしてもらってました。比べられるのが嫌だから、全部同じにしたいという気持ちがあって。

――比べられるのが嫌というのは?