昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「投げ銭をムダとは思わない」「アイドルやYouTuberとは違って…」VTuberオタクに聞いた、VTuberにハマる“意外な理由”

2022/11/24

 昨年の流行語大賞にもノミネートされた「推し活」。リアルのアイドルからアニメのキャラ、YouTuberなどその対象は様々だが、このところ若者の間で増えているのがバーチャルYouTuber「VTuber」の推しだ。

 アバターを着たVTuberなる幻想に課金しまくっている人も少なくないという、にわかには信じがたい話も。ではVTuberファンたちは、実際にどのような推し活の日々を送っているのだろうか。

©️iStock.com

「推し活の基本はやっぱり配信を見ること。基本的に告知や配信はTwitterとかの媒体で発表されるものをチェックして、配信は全部見ます。その中でコメントをして、機会があればスーパーチャットをする。イベントがあればその都度できる限り参加して、あとは物販もありますね。僕が推しているにじさんじの場合はネット上で記念グッズが販売されることがあるので、機会があれば買っています」

 こう話すのは「にじさんじ」というVTuberグループに所属する「月ノ美兎」推しの高山健人さん(仮名)。25歳で普段はIT系企業に勤めている。

「他の人の配信もたまに見たりしますが、基本的には月ノさんの単推しです。推し活を始めたのは2018年初め頃。ちょうどVTuberの黎明期で、活動の一部をクリップしたMAD動画というものがニコニコ動画にアップされていて、それが信じられないくらい面白かったので追い始めたという感じです」(高山さん)

配信者へお金を送る「スーパーチャット」

 ネット系の推し活で特徴的なのが、生配信中に視聴者から配信者へお金を送るスーパーチャット(投げ銭)。

「僕の場合、投げ銭は一番投げていた時期で月に1万円くらいかな。物販については、自分が欲しいと思ったものを買っていたし、イベントも、月ノさんが出るものは大体応募しています。人気が高いので受かったり落ちたりですが」(高山さん)

 スーパーチャットに1万円は、その界隈ではそう多いわけではないが、この世界を知らない人には、何のためにお金を払うのかと無駄に思えるかもしれない。しかし、ファンにとってはそうではない。