文春オンライン

連載ネット秘宝を探せ!

「あなたを描かせてほしい」絵を盗まれた女性画家から驚きの提案…肖像画を見た窃盗犯が“言葉を失った”ワケ

2022/12/11
 

 真に優れたドキュメンタリーとは何か。多くの人は「真実を伝える作品」などと言うかもしれない。だが、立場や解釈によって“真実”は如何様にも描かれ得る。もし「自分の作品こそ真実」と語る制作者がいたら、その傲慢な態度に危うさや疑念を抱いた方が賢明だ。では、何が決め手となるか。最も重要な要素は“関係性の変化”を生き生きと写し取っているかだ。そのお手本とも言うべき傑作が『画家と泥棒』(Amazonプライムビデオ、U-NEXTなどで配信中)である。2020年にサンダンス映画祭で審査員特別賞に輝き、BBCやワシントン・ポストが年間ベストに選んだドキュメンタリーだ。

 2015年、ノルウェーのオスロで開かれたチェコ出身の画家バルボラ・キシルコワの個展から2枚の絵画が盗まれた。監視カメラの映像から窃盗犯2名が逮捕され、主犯の男が強盗罪で起訴された。法廷でその男と対峙した被害者の画家バルボラは、加害者の男に妙な提案をする。

「あなたを描かせてほしい」

 窃盗被害に遭った画家が自分の絵を盗んだ犯人を描く!?

 服役を終えた男は彼女のアトリエを訪ねる。全身タトゥーで薬物依存症の男の名はベルティル。彼はバルボラに心を許し、悪の道へ足を踏み入れた経緯を語る。二人の交流は続き、ある日、画家は彼を描いた肖像画を見せる。

「マジかよ……ヤバイ……」

©佐々木健一

 言葉を失うベルティル。絵画泥棒が芸術に触れ、心を震わせる。大粒の涙が頬を伝う。

 犯罪被害者と加害者という関係は画家とモデル、友人へと変化していく。だが、これはまだ物語の序章に過ぎない。その後、衝撃的な事件があり、二人の人生はより深く複雑に絡み合う。画家と泥棒から始まった奇妙な関係は終盤の驚きの展開へと繋がり、さらに一つの芸術作品へと昇華する。

“関係性を描く”というドキュメンタリーの真髄が凝縮した圧巻の一作。必見である。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー