文春オンライン

【好きな芸人2022 ベスト15発表】ニューヨークのV2を止める芸人は現れるか! EXITが返り咲き、ここへ来てダウンタウンの躍進も

 今回で6回目となる「文春オンライン」のお笑い芸人アンケート。バラエティ番組にとどまらず、幅広い活躍をみせる芸人たちの中で、もっとも好感度の高いのは誰なのでしょうか。

「好きな芸人」に絞って投票していただき、2022年の「人気芸人ランキング“ベスト30”」を決めます。アンケートは11月4日から27日間行われ、好きな芸人を最大5組、挙げてもらいました(1位=5点、2位=4点、3位=3点、4位=2点、5位=1点)。回答者の男女比は4:6、12歳から88歳までの幅広い年齢層から、1128もの投票をいただきました。

 本稿では、いよいよベスト15をカウントダウンで紹介していきます。(全2回の2回目/16~30位ランキングより続く

15位 176P オードリー 「オールナイトニッポンでの掛け合いは最高」

オードリーの若林正恭と春日俊彰 若林インスタグラムより

「あちこちオードリー」(テレビ東京)や「オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。」(日本テレビ系)などのテレビレギュラーを多数抱えるオードリー。特に春日俊彰(43)はテレビ番組出演本数ランキングで第3位に入るほど、テレビで見ない日はありません。一方で、「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)には根強いファンも多く、トーク力も抜群(前回は14位)。

「コンビのバランスがすばらしい。ラジオにそれが如実に出ている。特に若林のエッセイが面白い。人の暗い部分とそれでも社会で明るくふるまわなければいけない葛藤がうまく表現されていて共感できる」(男性・44歳)

「もちろん、リトル・トゥースだから(ラジオのリスナー)」(男性・55歳)

「テレビもラジオもレギュラー番組がもれなく面白い」(男性・17歳)

「安定ですね、二人とも。ロケの春日とスタジオの若林。結婚して若林の中二病も収まってきたので、たまに漫才が見たいです」(女性・64歳)

「ラジオはもちろんトーク番組での言葉の選び方が好きです」(女性・55歳)

「漫才が面白いのは当然ですがオールナイトニッポンでの掛け合いは最高。彼が出てなかったら日向坂46の良さに出会えなかった。感謝」(男性・51歳)

「若林さんと春日さんのバランスがいい。日向坂の番組が面白い」(男性・45歳)

「コンビ、個々での活動どちらも面白いコンビです」(女性・31歳)

「ラジオが好き。最近では互いの子育ての話をすることもあり、2人の変化も楽しめる」(男性・35歳)

「若林さんと春日さんを見てると、安心感が半端なくて本当に楽しいんです。個人での活動も良いですし、二人でいても良いですし、オードリーは大好きな芸人さんです」(女性・48歳)