文春オンライン

連載THIS WEEK

「反対するなら援助交際してやる」真木よう子「ヌード」「デキ婚」「W不倫疑惑」の先に“40歳からの挑戦”

 現在公開中の映画「ある男」で妻夫木聡の妻役を演じる真木よう子。頻繁に投稿するインスタグラムでの“挑戦”が注目されている。

「10月に40歳になったばかりですが、12月にはボディラインが強調された純白ドレス姿を披露。最近は水色や金色と髪の色を変え、黒髪にして『性別不明』と呟くと『マイケル・ジャクソンみたい』と話題に。フォロワーは60万を超える人気です」(芸能デスク)

真木よう子

 千葉県で4人きょうだいの紅一点として育ち「男勝りで自由奔放な性格」という真木。中3で「反対するなら援助交際をしてやる!」と父親に迫り、芸能界入りの許可を得る。中学卒業後、仲代達矢主宰の俳優養成所「無名塾」のオーディションを受け、1000人中5名の合格者の1人に選ばれた。

「16歳で舞台『どん底』の重要な役に抜擢され、仲代も才能を絶賛。ところが稽古中、仲代に『サボっている』と誤解され、叱られたことに怒鳴り返し、退塾してしまう」(演劇関係者)

 下積み後、05年の映画「パッチギ!」で脚光を浴びる。翌年には初主演映画「ベロニカは死ぬことにした」でヌードシーンに挑戦。

「Fカップの胸を露わに激しく喘ぐシーンは官能的でした。07年の写真集『月刊真木よう子』でも露出の多い水着や下着姿を披露し、プレミア価格が付く伝説の作品となった」(映画記者)