文春オンライン

出てきたのは女の髪の毛、赤子の両手…人喰いヒグマを解剖してわかった「衝撃の中身」――2022年BEST5

『神々の復讐』 #3

2023/01/22
note

 定刻になって師の呼ぶ声に、一同は何喰わぬ顔をして解剖室に戻り、手に手にメスをふるって内臓切開に取りかかったが、元気のよい学生の1人が、いやにふくらんでいる大きな胃袋を力まかせに切り開いたら、ドロドロと流れ出した内容物、赤子の頭巾がある手がある。女房の引きむしられた髪の毛がある。悪臭芬々眼を覆う惨状に、学生達はワーッと叫んで飛びのいた。そして土気色になった熊肉党は脱兎の如く屋外に飛び出し、口に指をさし込み、目を白黒させてこわごわ味わった熊の肉を吐き出した。

 後に訪ねて来た内田瀞が、「あの肉は酸味があって堅かったのゥ」とありし日を思い起して述懐していたが、事実何とも堅い肉で、口へ入れて見たが、私にはそれをのみ込んで胃の腑に収める勇気は出なかった」

人喰いヒグマの胃袋から出てきたのは…

 もう一人、解剖に参加した学生、黒岩四方之進の回顧が『小樽新聞』(大正15年5月19日)に掲載されている。

ADVERTISEMENT

写真はイメージです ©getty

「熊公の大きな胃袋の中から出たものは、まず第一番に赤い布片で、次には縄付きのままの鮭の頭が飛び出し、その後からは長い頭髪のついている食われた主人の頭の一部や、赤児の両手や竹輪のように刻まれている腕の断片やら続々と露出して来た(中略)その時黒岩さん午前中に剥製をおわって、その日の昼飯の折にはその熊の肉を焼いてたらふく食べたという(当時の思い出ばなし 熊公の胃袋から長い頭髪 さすがに猛者連もこの時ばかりは 一期卒業生 黒岩四方之進氏談)」

 最後に加害熊の剥製であるが、現在は劣化が著しいため、北大植物園内の倉庫に保管されており、一般の観覧には供されていない。

2022年「クマ部門」BEST5 結果一覧

1位:「巨大ヒグマがダダッと駆け降りて『グワァ』と…」4回ヒグマと遭遇した“ハンター御用達”職人が最も危険を感じた瞬間
https://bunshun.jp/articles/-/59793

2位:出てきたのは女の髪の毛、赤子の両手…人喰いヒグマを解剖してわかった「衝撃の中身」
https://bunshun.jp/articles/-/59791

3位:「両足の肉がほとんど食い尽くされていた」留守番中の11歳少女を襲った「1904年のヒグマ襲撃事件」の惨劇
https://bunshun.jp/articles/-/59790

4位:「腹破らんでくれ!」胎児を含む7人が殺害…国内最多の死者数を出した「三毛別ヒグマ事件」の壮絶
https://bunshun.jp/articles/-/59789

5位:「と……と、とにかく、逃げられるだけ逃げよう」大熊に追われたハンター3人…銃も使えない絶体絶命の逃走劇
https://bunshun.jp/articles/-/59788

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。次のページでぜひご覧ください。

出てきたのは女の髪の毛、赤子の両手…人喰いヒグマを解剖してわかった「衝撃の中身」――2022年BEST5

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー