文春オンライン

2003年の日本

「知らない人に電話で『千尋の声やって!』と言われて…」『千と千尋』のヒロイン・柊瑠美が大ヒット後にモヤモヤした“周囲の反応”

柊瑠美さんインタビュー #2

2023/01/06

 今から20年前の2003年、『千と千尋の神隠し』(2001年)がアカデミー賞の長編アニメ映画賞を受賞した。日本の長編映画がアカデミー賞を受賞したのは1956年以来47年ぶり、さらに長編アニメ映画賞を受賞したのは初の快挙だった。

 映画の主人公「千尋」を演じたのは、公開当時13歳だった女優の柊瑠美さん(35)。大ヒットしたからこそ感じていた「役者としての葛藤」を打ち明けてくれた。(全3回の2回目/1回目から続く

『千と千尋の神隠し』より

◆◆◆

夏木マリさんの湯婆婆役は迫力がすごくて泣きそうに…

――『千と千尋の神隠し』は、他の声優陣も豪華でした。

柊瑠美さん(以下、柊) 千尋のお父さん役に内藤剛志さん、お母さん役に沢口靖子さん、他にも夏木マリさん(湯婆婆・銭婆役)や菅原文太さん(釜爺役)とベテラン役者さんばかりでしたね。

 でも、ジブリをよく知らなかったのと同じように、当時はそのすごさをよくわかっていなくて……。だからこそ、先入観なしで自然体な演技ができたのかもしれません。知っていたら、すごい人だらけで「うわぁ」って萎縮しちゃったかもしれない。

――共演者の“すごさ”を感じる瞬間はありましたか?

 たくさんありましたよ。内藤剛志さんと沢口靖子さんとは完全に別録りだったのでご一緒する機会はなかったのですが、夏木マリさんと菅原文太さんとは一緒にアフレコする場面もあって。なんというか、おふたりとも迫力がすごかったです。

 千尋が湯婆婆に詰め寄られているシーンを夏木さんと一緒に録っていたときは、本気で怖くて泣きそうになってしまいました(笑)。

『千と千尋の神隠し』より

――ハク役の入野自由さんとはどんなやりとりをされましたか。

 入野自由くんとは同級生なんですよ。だから当時は、同世代の異性として少し意識をしてしまって。お互いに“思春期特有の距離感”みたいなものを感じていたように思います。共演時間は長かったけど、仕事以外の話はあまりしなかったですね。

――共演を通じて仲良くなった人はいますか?