文春オンライン

2003年の日本

「『毒がなくて面白くない』と散々言われましたね」それでもテツandトモ(52)が25年生き残れた「スゴい理由」

一発屋で終わらなかったの「なんでだろう」 #2

2023/02/05
note

トモがブチギレた「伝説のメイク落とし事件」

――息ぴったりのテツandトモさんですが、喧嘩をすることはあるのでしょうか?

トモ 昔はよくしてましたね。原因はまあ……つまらないことです。

テツ 伝説のメイク落とし事件が。

ADVERTISEMENT

トモ 僕は特に仕事に関して、先々のことを考えて行動してもらいたいんです。しっかり準備をしなければ良い仕事ができないし、全てが繋がると思うんですよね。メイク落としの件は些細なことですが、残りが少なくなってきたらそろそろ買い足しておこうって、わかると思うんです。

 しかしテツは全部なくなってから「持ってない?」と言うわけです。あげることが嫌なのではなく「先のことを考えてよ」という積もり積もった思いが、たまたまそのタイミングで爆発したんです。

テツ 「メイク落とし貸して」って言ったら、すげえキレるんですよ(笑)。

©深野未季/文藝春秋

――メイク落としが、思わぬ喧嘩に発展。

テツ (営業先の)愛媛県でね。

トモ テツが「部屋まで来い!」って言うから、「おお、行ってやろうじゃねえか」って部屋で朝まで喧嘩です。

――朝まで!?

テツ 朝には仲直りしましたけど。

トモ 眠くなってね、最後は握手しちゃったんですよ。

――あはは。芸やネタに関しての喧嘩はどうですか?

トモ ネタはお客様からどう見えているかにこだわっているのですが、テツは本番で予定と違う動きをしたりしますね。喧嘩にはなりませんが、心の中で「おい!」と思ってます。

テツ 感覚派なんです(笑)。

長続きの秘訣は「性格が正反対」

――とはいえ、結成25年。コンビが長続きした秘訣、コツは何でしょう?

トモ 結局、2人の性格が全然違うことが良かったかなと思いますね。

テツ 真逆。正反対です。