文春オンライン

「もっとマッチョに、バッキバキになりたい!」ハーフモデル・道端カレン(43)が“ガチの筋肉業界”に参戦したワケ《肉体改造で大会優勝》

道端カレンインタビュー#1

2023/02/25

「未経験でハードルが高いもの」がよかった

――新しいことに挑戦したい気持ちはわかりますが、なぜボディビルに?

道端 「今までやったことがなくて、ハードルがめちゃくちゃ高いジャンルを探そう」と思ったんですよ。

 以前から私の体には筋肉がないと思っていたので、きちんとトレーニングしたい気持ちもあって。じゃあ、企画としてやってしまおうと。

ADVERTISEMENT

©文藝春秋 撮影/鈴木七絵

――わざわざ「ハードルがめちゃくちゃ高い」ものを探したんですね。トライアスロンもそうですが、わりと自分を追い込むタイプ?

道端 そうかもしれないです。性格上、「中途半端なのはイヤ」と思っちゃうほうですね。トライアスロンも筋トレも、最初のきっかけはフワッとしてるんです。でも、続けるうちにハマっちゃって。

 筋トレを始めてからは、まずフィットモデルの大会にトライして、今はビキニフィットネスというのをやっています。

YouTube『道端カレンのフィットネスチャンネル』より

――それは2つとも、ボディビルの「部門」ですか?

道端 そうです。私はJBBF(日本ボディビル・フィットネス連盟)という競技団体に選手登録していて、女子はフィジーク、ボディフィットネス、ビキニフィットネス、フィットモデルという4部門があります。

――女子にはボディビル部門がない?

©文藝春秋 撮影/鈴木七絵

道端 ないです。女子の筋肉美を競う最高峰は、フィジークです。

 ざっくり説明すると、ボディビルは全身の筋肉量や大きさ、見た目などを競いますが、フィジークはボディビルほどの筋肉量は必要ありません。だから女子選手は、ボディビルではなく「ボディメイク」と呼ぶ人が多いですね。

筋肉バキバキかつ“女性らしい体”が求められる

――男性のボディビル大会は海パン1枚、というイメージですが、女性はどんな格好を?

道端 フィジーク、ボディフィットネス、ビキニフィットネスの3部門は、ビキニです。フィットモデルだけは、ワンピースの水着とイブニングドレスを着ます。

――ずいぶん細かく分かれてますね。

道端 すごく複雑で、ルールも改変され続けています。でも、すべての女子部門に共通で求められるのは「女性らしい体」です。

 たとえば、フィットモデルで一番重視されるのは「見た目の優雅さ、美しさ」。筋肉美というより、プロポーションや姿勢のよさ、エレガントな身のこなしなどが求められます。

本人のInstagramより

――それは、モデル出身のカレンさんには有利ですね。

道端 でも、2021年の夏に初めてフィットモデルの大会に出たら、すごくショックを受けて……。

関連記事