文春オンライン

「もっとマッチョに、バッキバキになりたい!」ハーフモデル・道端カレン(43)が“ガチの筋肉業界”に参戦したワケ《肉体改造で大会優勝》

道端カレンインタビュー#1

2023/02/25

結果は優勝「涙腺が崩壊してしまって…」

――でも、結果は優勝。

本人のInstagramより

道端 優勝と言われたときは、涙腺が崩壊してしまって……。トレーニングを始めて1年経ったところだったので、頑張ったなぁと思いました。

 その後、山梨県ビキニフィットネスオープン大会の35歳以上級で優勝。このときは、人生で初めてティアラをいただいて。トライアスロンの大会では、優勝してもティアラをいただくことはなかったので、とてもうれしかったです。

ADVERTISEMENT

本人のInstagramより

――実績を積んでいった。

道端 はい。その次が、JBBF主催のオールジャパン マスターズ フィットネス チャンピオンシップスという全国大会です。これは40歳以上45歳未満・160㎝超級で、4位になりました。

2022年オールジャパン マスターズ フィットネス チャンピオンシップスにて 撮影/Bampack

 バックポーズのときに一瞬、ふくらはぎがつって焦ったんですが、大規模な大会で入賞できたのがうれしくて。これからもっともっと、マッチョになりたいんです。

「もう、痩せてなくてもいいんだ!」と気づいた日

――カレンさんは、ファッションモデルとしても活躍されていました。「モデルがムキムキになるのはどうなの?」という世間の目は、気になりませんか。

©文藝春秋 撮影/鈴木七絵

道端 そこは気にならないです。私は15歳でモデルデビューして、20代はスチールやショーなど、さまざまな仕事をさせてもらいました。当時のメジャーな女性誌には、ほとんど出たと思います。

 その後、仕事の方向性を広げたいと思って、30代に入るときにタレントに軸足を移したんです。初めはテレビの仕事もモデルの延長線上だと思っていたんですが、あるとき「そうか、タレントさんは痩せていなくてもいいんだ!」と気づいて。

もっとマッチョに、バキバキに

――テレビには、いろいろな体型の人が出てますもんね。

©文藝春秋 撮影/鈴木七絵

道端 そうなんですよ。その人のキャラクターがあれば、どんな体型でも仕事があるんですよね。私は25歳で長男、28歳で次男を出産したので、30歳頃はちょうど、体型キープの難しさを感じていたときでした。

 もちろん他の芸能人の方たちも気をつかっていると思いますが、モデルの仕事はまず、体型ありきです。私もモデル時代は常に気にしていたので、それに比べたら「タレントの体型管理はすごく楽ちんだな」と。

――では、今はバキバキの筋肉ボディになってもいいと?

©文藝春秋 撮影/鈴木七絵

道端 バッキバキで全然、かまわないです。今の私の肩書きは、モデルではなくタレントだと思っているので、筋肉がつくことや多少の体重の増減は気にしていません。

 もっと体を大きくして、マッチョに、バキバキになりたいです!(#2に続く)

撮影 鈴木七絵/文藝春秋
ヘアメイク NOBU(LOVABLE)

その他の写真はこちらよりぜひご覧ください。

「もっとマッチョに、バッキバキになりたい!」ハーフモデル・道端カレン(43)が“ガチの筋肉業界”に参戦したワケ《肉体改造で大会優勝》

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事