文春オンライン

連載THIS WEEK

「2人きりになれるところに行ける?」依頼人の性被害者に“性加害” 馬奈木弁護士は父も妻も弁護士

 セクシャルハラスメントで訴えられたのはセクハラ対策の専門家の弁護士だった。「演劇・映画・芸能界のセクハラ・パワハラをなくす会」代表で舞台俳優の知乃さん(25)が3月2日、訴訟の打ち合わせなどの過程で性行為などを強要されたとして、同会の顧問、馬奈木厳太郎(まなぎいずたろう)弁護士(47)に1,100万円の損害賠償を求めて提訴した。

 司法担当記者が解説する。

「知乃さんは2017年に演出家からセクハラを繰り返し受けていたとしてツイッターで告発。日本の#MeToo運動の先駆けとなった1人です。その男性とは和解しましたが、会を立ち上げ、他の被害者を救う活動も続けてきた。その知乃さんがセクハラにも法律にも通じる専門家として頼ったのが、馬奈木弁護士でした」

ADVERTISEMENT

早大大学院法学研究科卒の馬奈木氏 ©時事通信社

 ところが、馬奈木氏は会の顧問に就任した19年9月頃から知乃さんの身体を触ったりするようになり、彼女が抱える別の訴訟の代理人に就任した21年以降はその行動が更にエスカレートしていったという。

「知乃さんは訴訟の打ち合わせなどで呼ばれると、馬奈木氏から太ももを触られたりキスをされたりし、『2人きりになれるところに行ける?』などとラブホテルに誘われたといいます。LINEで入浴中の写真も求められ、昨年1月には、性行為も強要された。会見では『依頼業務を続けてもらうには男女関係を断ることはできないと思った』などとし、弁護士の地位を悪用されたと主張。昨年2月に代理人を解任しました」(同前)