文春オンライン

「2位じゃダメなんですか」のはずが3位に…15年ぶりにフラグ回収した蓮舫さん(56)は、どこで失敗してしまったのか?

なかなかしんどかった都知事選2024 #1

2024/07/08
note

 「一人の政治家を有権者が選ぶ」という意味では日本最大の選挙区になっている東京都都知事選。蓋を開けてみたら無難に現職・小池百合子さん勝利でゼロ打ちでした。小池百合子さん、都知事当選おめでとうございます。また、すべての候補者、陣営の皆さま、また選管や警視庁、都庁・各自治体の皆さまも諸事ご対応賜りまして、ありがとうございます。お疲れさまでした。

 2位じゃダメなんですかの蓮舫さんが石丸伸二さんにまくられて3位転落という15年ごしの伏線回収もありました。ネットでも街角でも蓮舫さんを応援していた支持者の皆さんは、いまどんな気持ちなんでしょうか。

©時事通信

石丸伸二さんに勤労層無党派を奪われしんどい選挙戦に

 あまりに共産党に寄り過ぎて志位じゃダメなんですかって話なのかもしれませんが、自治体別の得票数で見ると小金井市、東大和市、清瀬市、日ノ出町、檜原村など東京都下の高齢化に悩む地域と島嶼部で2位蓮舫でした。まさに「昔の名前で出ています」的な高齢者に愛される蓮舫さんであります。

ADVERTISEMENT

 逆に言えば、立憲や共産が支持層として恃む世田谷区や渋谷区、杉並区、武蔵野市などでも圧倒的に石丸さんに無党派を奪われて3位転落というのは想定していなかった事態です。

 都知事選6月20日の告示のはるか前、5月27日になぜか出馬表明してしまった元立憲民主党の蓮舫さん。国民からの風を受けて大きく羽ばたくかと思いきや……、蓮舫さんを実質的に担いだ日本共産党や有識者の会の皆さんの大型街頭演説攻勢、やらなきゃいいのに他陣営への演説妨害など、これだけの大型選挙に出馬した著名政治家であるはずの蓮舫さんの人気度は失墜してしまいます。

 もちろん、演説妨害などは蓮舫陣営がオフィシャルに仕掛けたものとは思いませんが、しかし蓮舫さんが公約を発表する前から共産党がフライングで蓮舫公約を標榜したビラを勝手に配ったり、都知事選とは無関係な共産党神奈川が蓮舫さんの写真付きで献金・寄付を求めたりと、まあ滅茶苦茶でした。

 かたや、安芸高田市長から転出して謎の都知事選立候補を敢行した石丸伸二さんが、選挙中盤から20代、30代の無党派層男性を中心に浸透して猛追。本来ならば、蓮舫さんががっつり確保しなければならなかった勤労層無党派を石丸さんに奪われてしまい、なかなかしんどい選挙戦になったのではないかとも思います。

 最終的には、現職知事として無難に失言なく選挙戦を大過なく終えれば勝てる戦いと割り切った小池百合子さんが、別に入れんでも良さそうな公務を選挙期間中に目いっぱい詰めるなどして都民有権者のエールに応え、小池さんが計291万8015票(得票率42.8%)という結果となり逃げ切り勝ちであります。前回より票数を減らしたとイチャモンもついてますが、まあ今回は勝てばいいんですよ、勝てば。

蓮舫さんはなぜここまで女性に人気が無かったか

 今回、蓮舫さん陣営の選挙対策にいくつか大きなミスがあったようにも感じられますが、告示前の情勢調査以降、一貫して蓮舫さんの問題となっていたのは「50代以下の女性からの圧倒的な不人気」にあります。有権者女性のおおむね4割以上の票を固めた小池さんに対し、蓮舫さんは2割弱の女性票しか集めることができず、逆に本来は改革派として絶対に欲しかった若者票を石丸さんに奪われての3位転落というのは切ないものです。

 もともと、小池百合子さんも女性都知事ですし、女性の進出・活躍を訴えることで躍進を遂げてきた蓮舫さんとその支持者にとっては、やりにくい相手であったことは間違いありません。「輝く女性である蓮舫さんが、男性社会の世の中を変え、女性有権者の自立と社会進出を後押しする」というジェンダー論的な男女対立を演出することができれば、蓮舫さんにとって非常に有効な社会を変えるメッセージにできたはずなのですが……。

関連記事