昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載昭和の35大事件

恋人の「局所」を切り取った阿部定事件の真相――逮捕直後の写真で阿部定は笑っている

死体には『定・吉二人きり』の血文字

source : 文藝春秋 増刊号 昭和の35大事件

genre : ニュース, 社会, メディア

解説:「妖婦」の「グロ殺人」に「ホッとした」

「猟奇事件」で中高年がまず思い浮かべるのはこれだろう。2年後の1938(昭和13)年、岡山県西加茂村(現津山市)で30人を殺害して自殺した都井睦雄(21)は語っていた。「阿部定は好き勝手なことをやって日本中の話題になった。どうせ死ぬのなら、負けんようなほどえらいことをやって死にたいもんじゃ」。都井は阿部定の予審(判事が公判の可否を判断する当時の法制度)での供述調書も読んだ。非公開の調書が持ち出されて印刷され、売買された。それほど、この事件は世間の好奇心の的となった。逮捕時には国会の委員会審議が中断されて議員が号外に読みふけり、大阪では市電の車掌が「(切符を)切らしていただきます」と言って客に笑われたという。

 軍国主義の暗雲が社会を覆う中、自らの欲望に“忠実に”男を殺し、局所(「下腹部」「急所」と書いた新聞も)を切り取って持ち去った事件は、「異常性欲による犯行」と見られた反面、抑圧された性を白日の下にさらし、一種の解放感を与えた。「猟奇事件というよりも、むしろホッとした思いで新聞、雑誌の記事を読んだ」とある有識者は語った。

"阿部定事件"を伝える1936年5月19日の東京朝日新聞

 報道の過熱ぶりは現在のワイドショー以上。新聞の見出しも「昭和の高橋お伝 闇を漁る牝犬」「いづこに彷徨ふ? 妖婦“血文字の定”」……。現場の待合や逮捕された旅館はその後、連日客が押し寄せ“観光名所”に、逮捕前日、阿部定に呼ばれたマッサージ師は取材謝礼で家を新築した。逮捕直後の写真で阿部定は笑っている。だが、それは「妖艶な」笑みだったのか。あまりのフィーバーに翻弄された自嘲と戸惑いでは? いったんは結婚もしたが、戦後の足どりは転々。70年代に消息を絶った。

小池新(ジャーナリスト)

◆◆◆

 稀代の猟奇事件として、世の男性を恐怖震撼せしめた阿部定事件を当時の毎日社会部記者(若梅信次氏)が描く。

 初出:文藝春秋臨時増刊『昭和の35大事件』(1955年刊)、原題「阿部定猟奇事件」

「エロ・グロ時代」と騒がれた昭和11年

 昭和11年といえば、松飾りもとれて間もない2月26日、帝都を埋めた深雪を血に染めた陸軍少壮将校の率ゆる反乱軍二・二六事件あり、桜の花のころは帝都といわず地方の駅駅から、日の丸の旗、万歳の声、征途につくが如くカーキー色の若者達は雪崩のように大陸の要地に送り出されていた。

 街には兇悪な犯罪が続出、何か呪われたように人々の気持ちは灰色におののいていた。

 エロ・グロ時代と当時のジャーナリズムはさわいだ。その翌年秋には上海事変が突発した。

©iStock.com

 毎日新聞の前身である当時の東京日日新聞の、その年の5月19日付朝刊は、初号見出しで『待合のグロ犯罪』と横組、『夜会巻の年増美人情痴の主人殺し、滴る血汐で記す『定・吉二人』円タクで行方を晦す」と4本4段抜きの派手な記事がのった。