昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

夏に読みたい「怖い話」

2019/08/13

警官「どこから来た?」
多田「日本からです。」
警官「お前の友人もか?」
多田「全員日本人ですが、1名はラオスに住んでいます。」
警官「キューバに来た目的はなんだ?」
多田「観光です。」

警察署内で事情聴取中の警官と私。ゲバラの肖像画とカストロの写真がイカす。 ©️2019 H. Takahashi, All Rights Reserved

警官「ホテルで何があった?」
多田「ノンアルコールのピニャコラーダを頼んだら、アルコールが含まれていて。」
警官「ふんふん。」
多田「私はお酒を飲むと具合が悪くなる体質で。」
警官「へぇへぇ。」
多田「アルコールに気付かずピニャコラーダを飲んだら、具合が悪くなり。」
警官「ごるあああああああああ!!!!!」

 びくぅっっっ!!

友人が舟をこいでいた

 相槌を止めた警官が突然大声で怒鳴り、その場にいた全員が驚く。友人1名を除いて。なんと友人が爆睡し始め、それに対して警官が怒っていたのだ。事情聴取中に人の心証が悪くなるような態度はやめてくれよ~。

友人「今朝メーデーで早起きしたから疲れちゃってさぁ、ごめ~ん」

 こっちは世界遺産でできたドミトリー……いや留置所で過ごすことになるかもしれないというのに、なんて軽いノリなんだ……。眠気を必死に耐える友人を横目に、その後もピリピリした雰囲気で事情聴取は続き、30分くらい経過した頃だろうか。どんなお沙汰が下るのかヒヤヒヤしている私に、調書を完成させた警官がバーの店員以上に斜め上な発言をしてきた。