昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/10/28

「中国政府に違法アップ作品を排除させる作戦」

 さらに大胆な仮説も提唱しておこう。今後、タブーワード埋め込み作戦が日本の同人界隈で大流行して、中国の若者が日本のエロ同人誌を手に取るとしばしば中国語の反政府的な言説に触れてしまう状態になった場合は、中国政府が日本のエロ同人誌を「体制の脅威」であると学習してくれる可能性もある。

 中国政府が本気になったときの動きは凄まじいため、こうなると、中国人による無断翻訳や違法アップロードは一気に大ダメージを受ける。従来は同人作家が個人でチマチマとおこなっていた違法アップ作品の削除作業や犯人の追い込みを、中国共産党が天井知らずの資金力と世界一のマンパワーを使って代行してくれるわけなのだ。

やばい言葉を書きまくれば著作権は守られる!? 写真は香港デモの現場で撮影

 さて、ひとまず本記事の締めくくりとして、下記に中国語の政治的なタブーワードをいくつかご紹介しておこう。もっとも激烈にヤバい言葉もあるので、中国側からの著作権侵害に悩む創作者各位が、作品の中でこれらを用いて中国人からクレームが殺到した場合も、筆者は責任を負いかねる。ご了承いただきたい。

・平反六四(天安門事件の名誉回復を)
・勿忘六四(天安門事件忘れるなかれ)
・天滅中共(天は中国共産党を滅ぼす)
・光復香港、時代革命(香港を取り戻せ、革命のときだ)
・香港革命、輸出中国(香港デモを中国に輸出しよう)
・解救維吾爾(ウイグルを救おう)
・一切都是剛剛開始(すべては始まったばかりだ)
・當獨裁成為事實,革命就是義務(独裁が事実となれば革命こそ義務である)
・習包子、大撒幣、習大帝、習寬衣、習禁評、習門慶、習阿斗、刁近平、吸精瓶、小熊維尼、慶豊帝、当代秦始皇、毛近平、現代版毛沢東、紅旗下的蛋、袁世凱第二(※すべて習近平の暗喩)

もっとさいはての中国 (小学館新書)

安田 峰俊

小学館

2019年10月3日 発売

ルワンダ・ケニア・カナダほかの中国人をレポート!

性と欲望の中国 (文春新書)

安田 峰俊

文藝春秋

2019年5月20日 発売

この記事の写真(9枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー