昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載この鉄道がすごい

2020/02/20

壁の落書きに、当時の人々の思いが染みついている

 現在、2020年2月24日まで「京成リアルミュージアム」として、鉄道関係の展示会を開催中だ(土日・祝日のみ)。ドーム屋根の下にスカイライナーの1/2カットモデルを置き、コンコース1階に展示物を並べ、ミニ鉄道博物館のようになっている。もうすぐ終わってしまうけれど、定期的に開催してほしいと願う。

 また、3月1日、7日、8日は「桜の街の音楽会」を開催する。京成沿線の自治体に住む小学生以下の子どもと保護者を招待するという。博物館動物園駅を観に行きたいなら、京成電鉄の公式サイトを要チェックだ。

ホームの壁には、無数の落書きが……

 どんなイベントで来たとしても、ぜひ壁の落書きを楽しんでほしい。壁に近づいて見ると、無数の落書きがある。乗降客も少なく、駅員の目の届かないところでいたずらする人が多かったのだろうか。不謹慎なことだけど、今となっては、この落書きに当時の人々の思いを感じとれる。改修時に壁を塗り直さず、そのまま残しているところも京成電鉄の粋なはからいだ。公序良俗に反するものだけを消すに留めたそうだ。

壁のタイルが大量に剥がれている場所があった

 ちなみにマナーポスターには「永遠にゾウやペンギンたちを見守ってあげて!!」と落書きされている。「ゾウとペンギン」とは、プラットホーム階にある絵を指している。東京芸術大学の学生が描いたと言われているけれども、正式な記録はないらしい。つまり、依頼した記録もなければ許可した記録もなく、ましてや作者も不詳である。

 プラットホームへ降りる階段からは立ち入り禁止になっている。埃が多く滑りやすい上に、老朽化のため壁や天井の部材が剥がれ落ちる危険もあるという。今回の取材はヘルメットと安全帯を着用の上で特別に入れていただいた。たしかに壁のタイルが大量に剥がれている場所があった。東日本大震災の影響かもしれない。ペンギンの絵はかなり色あせている。ゾウの絵の壁は、残念ながら原形を留めていない。

薄暗い通路で線路をくぐり、反対側のプラットホームへ
かなり色あせている作者不明の「ペンギンの絵」

 それにしても落書きが楽しい。誰もいないプラットホームに、駅が現役だった時代の、たくさんの人々の思念が漂っている気がする。意外にも定番の「○○参上」や「相合い傘」は少なく、「ぜひ再開して」「また来ます」などの願い系が多い。休止が決まってからの書き込みだろう。たとえば……。

「×××サワコ 初めて博物館動物園に来てまた来ようと誓い合う二人 駅員さん消さないで」

 ……サワコさん、消さないで残っていますよ。

列車が通り過ぎると静寂が訪れる。都心に秘められた非日常空間だ

写真=杉山秀樹/文藝春秋

この記事の写真(56枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー