昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019年M-1・全員インタビュー なぜ“神回”になったか

2020/04/26

嶋佐 なんか僕も勝手にああいう感じになりましたね。司会の今田(耕司)さんには「本能Z」(CBCテレビ)という番組にちょくちょく呼んでいただいていて、そこでけっこうイジられてたんです。僕らは、それに噛みつくみたいな。なので僕らが失礼なことを言ったり、どんだけ不貞腐れても、今田さんが笑いにしてくれるやろうという安心感があった。その信頼感がなければ、あそこまで悪態をつき続けることはできなかったと思います。

――ずっと不貞腐れていましたもんね。

屋敷 1分でも、1秒でも長くここに居座ってやろうと思ってましたから(笑)。

嶋佐 居座りボケですから。居座ってなんぼじゃないですか。

 

屋敷 タイミング的には2回ぐらい、ここではけてくださいみたいな雰囲気になったんですよ。それでも俺らは動かなかった。極端な話、番組が終わるまで、ここにおるからなぐらいの気持ちでしたね。ここではけたら、俺ら、もう2度と、ここに戻ってこられへんと思うてましたから。少なくとも、今回は、2本目はないと。

嶋佐 最後に、今田さんに「いつまでおるんや」って言われて、はけさせられたんですけど。ああ言っていただけて、本当に助かりました。

屋敷 もうちょっと、おってもよかったかもな。

嶋佐 本音を言えば、あと1分くらい粘りたかったですね。

(【続き】「1番に楽屋入りしろ」M-1王者とろサーモンの助言 ニューヨークは1時間前にテレ朝に着くが…… を読む)

 

写真=山元茂樹/文藝春秋

ニューヨーク/嶋佐和也(ボケ担当)と屋敷裕政(ツッコミ担当)のコンビ。嶋佐は1986年5月14日山梨県出身。屋敷は1986年3月1日三重県出身。東京NSC15期生で2010年結成。

M-1では2015年、18年に準々決勝、16年、17年に準決勝進出。19年に初の決勝で10位に。

YouTubeでニューヨーク Official Channel更新中(https://www.youtube.com/channel/UCS17iKEInkBuHkxtEcCnTTQ

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z