昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

9位 橋本環奈「擦れてしまった感じ」

 前回圏外から9位にランクインしたのは橋本環奈(21)。昨年は映画「キングダム」「かぐや様は告らせたい」などに出演し、今年1月、1年を通じて最も活躍した将来有望な新人俳優に贈られる「2020年エランドール賞新人賞」を受賞しました。日本テレビ系で放送されたドラマ「今日から俺は!!」は今年7月の映画公開が予定されています。コメントは、バラエティ番組への出演時の印象によるものが多くみられました。

橋本環奈 ©getty

「態度がデカい。インタビュアーや共演者の先輩に敬語を使わず話していた」(女・30)

「バラエティに出た時、常に大声でゲラゲラ笑っていて、苦手になった。かわいい顔も台無し。飲み屋でバカ騒ぎしてる若者と何も変わらない」(女・51)

「以前は大好きな女優さんだったんですが、大人になることを急ぎすぎた? 擦れてしまった感じが残念」(女・51)

「笑い方が下品。もともとハスキーな声もますますハスキーになった」(男・36)

「若いので高校生役が多いのは良い。ただ『変な役』ばかりで、演技というより素で喋ってる感じがして、彼女の演技で感動したことや心が動かされた事が無い」(女・26)

「女子高生の役や漫画原作があまりにも多い。若い人に人気があるのでしょうが、長い目で見て『かわいい』でどこまで持つのでしょうか」(女・65)

8位 有村架純「表情が同じすぎて怖い」

 8位は有村架純(27)。前回14位から順位を上げてしまいました。この春には、有村の架空の休日を描く「有村架純の撮休」(WOWOW)が話題に。昨年は12社のCMに出演するなど人気は相変わらずですが、演技に円熟味を求める声が多く寄せられました。

有村架純 ©文藝春秋

「CM等で見ない日はないくらい活躍されていますが、表情が同じすぎてちょっと怖いレベル。ドラマ等も、禁断の愛的な設定の奇抜さで話題になることはあっても、演技そのもので魅了して流行っている感じがない」(女・51)

「オーラ、華がなく少女感が強すぎる」(男・71)

「笑顔でも目の奥が笑ってない、媚を売ってる感じがする」(女・43)

「いつもウルウルした目でラブストーリーしていてつまらない。声質が嫌い」(女・51)

「輪郭をいつも髪型で隠してるのがちょっと……」(女・37)

「嫌いというか、お芝居がいつ見ても一緒な気がします」(女・35)

「姉への対応が悪い。姉妹と言われることを拒否してる態度が気に食わない」(男・60)

「可愛いけど田舎臭い」(女・30)

7位 松岡茉優「目立とう精神が旺盛」

 カンヌ国際映画祭で2018年に最高賞を受賞した「万引き家族」にも出演した松岡茉優(25)が7位(前回圏外)。今年も、又吉直樹原作の映画「劇場」でヒロインを演じます。寄せられたコメントは、舞台やスクリーンを離れたところでの印象も強いようです。

松岡茉優 ©文藝春秋

「『万引き家族』もそこまで彼女の演技がよかったとは思いませんでした。でも、最近見たトーク番組では少しかわいい子を演じてる感じがあって違和感がありました。もっと自然体でさばさばした感じが彼女には似合ってると思います」(女・40)

「小手先の演技力という印象を受ける」(男・52)

「若いのにおばさん臭い。騒がしいところもおばさんっぽい」(男・40)

「演技上手いでしょ? という演技が鼻につく」(女・54)

「バラエティでのわざとらしくうるさい姿をみると、芝居もみたくなくなる」(女・50)

「演技についてもそれほど上手いと思わない上に、番宣でしゃしゃり出てくる姿勢に腹が立った」(男・36)

「目立とう精神が旺盛。お笑い好きならもう少しトークの腕でも磨けばいいのに」(女・29)

「少し前に佐藤健とバラエティ出てたけれど、凄く『お笑いわかってます感』が強かった。司会もしてるけれども同じ事を感じる」(女・46)

「番宣や舞台挨拶のでしゃばりが過ぎる。笑いわかってます感がする。女優としては素晴らしいのかも知れないが、好きになれない」(男・26)

「ある番組で嫌いな女優さんの話をしているのを見てから苦手になりました」(女・41)