昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

1位 泉ピン子「いつも文句を言っているイメージ」

 1位は今回も泉ピン子(72)。NHK大河ドラマ「西郷どん」への出演など“大女優”としての存在感は相変わらずですが、バラエティ番組にも多く出演しています。今年2月には「アッコにおまかせ!」(TBS系)では、ジャニーズ事務所退所を発表した中居正広(47)に対して「中居くんひとりで考えられないと思う」と発言し炎上。また、えなりかずき(35)が共演を拒否しているという報道についても意見が集まりました。「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)での役柄のイメージも強いようです。

泉ピン子 ©文藝春秋

「実生活でも役柄でもいつも文句を言っているイメージでなんかいやだ」(女・56)

「若手の芽を摘むようなことは止めて欲しい」(男・66)

「演技力は認めるが……。えなりかずきに同情する」(男・52)

「えなりかずき君との確執などは氷山の一角で、トラブルや共演NGが他にもいっぱいあると思う」(男・35)

「傲慢な感じで、若い女優さんをイビっていそう」(女・69)

「とにかく成り上がりの感じバリバリ」(男・63)

「高圧的な物言いが嫌い。長くやっていることがそんなに偉いのかと思ってしまう。演技も私上手いでしょ感が鼻につく」(女・61)

「お芝居は上手とは思いますが、トーク番組などで拝見しても役柄そのままの意地悪さを感じます。お医者様の奥様でもありますが、何とも下品でがっかりします」(女・68)

「『アッコにおまかせ!』などで、偉そうで的外れな発言をしていてイライラする」(男・20)

「よく考えたコメントができないのであれば、ワイドショー系に出ず、演技の仕事に集中してほしい」(女・48)

「『アッコにおまかせ!』のコメントも的外れで、和田アキ子とは近所のおばさんトークで聞くに耐えずチャンネルを変えてしまう。演技は上手いと思うので、黙って女優をしていればいい」(女・42)

「どんな役を演じられても『泉ピン子さん』にしか見えないくらい、ご本人のキャラクターが際立っていると思います。役柄で見れない」(女・38)

「『ウィークエンダー』(日テレ系)で頑張ってた頃の方がマシだった。自信過剰でイバりすぎ」(女・86)

「大女優ぶりが鼻につく。『おしん』(NHK)のころに戻って欲しい」(女・64)

この記事の写真(21枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー