昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/08/27

 そして、「AVALANCHE~雪崩~」の出版は、悲しいことに彼女らの対立のきっかけとなってしまったのです。本書を巡って、ファン同士の感情が大きなうねりとなって行き交い、決して一様ではない彼女ら(彼ら)の思いやそれぞれの立場の違いが、白日の下にさらされました。手越さんへの擁護の気持ちが芽生えている人もいれば、怒りや悲しみを胸に抱いている人もいます。

 争点は「AVALANCHE~雪崩~」が“暴露本”か否か。まず狼煙を上げたのは、1)手越担です。

(編集部註:ファンからの投稿は一部読みやすく編集しております)

「暴露本じゃなくてフォトエッセイ」

《手越くんの本は暴露本じゃなくてフォトエッセイです。本人だって暴露本じゃないって言ってるのに、勘違いしている人が多くないですか? 手越くんのことを嫌いなら気にしなくっていいし、読まないでほしい。自分の推しだけ気にしてればいいと思います》

1)手越担の中には「暴露本ではない」という意見も多い

 この方は手越さんのすべてをお好きなのでしょう。スキャンダル報道の多かった手越さんですが、四の五の言わずにまるっと信じて付いてきてくれる、手越さんにとっては誠に心強い存在ではないかと思います。猪突猛進な直球愛を感じます。

 これに対して、すぐさまこんな投稿がありました。

《受け取った側の人間が『これは暴露本だ』と思ったらそれは暴露本になり得ると思います。他のメンバーのフルネームを記載し、ポジティブではない表現もあるとうかがいました。自担の名前が記載されていたのですごく気になります。頭の中がそのことでいっぱいになってしまい『見なければいい』は不可能です。自分の好きな人がボコボコにされている事実を知ったら、駆けつけたくなってしまうのが心理です》

 本書には手越さんが関わった人たちが実名で登場していて、NEWSメンバーの名前も挙がっています。いくら手越さんの著作であっても、推しを俎上にのせられたら、それはもう“自分事”になってしまうのです。

 4)NEWS担かつ手越以外担5)手越以外担からすると「推しのことを好きに書かれた」と受け取っても仕方がありませんし、3)NEWS担にとっても釈然としないものがあるでしょう。