昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

冬でも読みたい「怖い話」

「電話、持てなくなっちゃった」 “行ってはいけないマンション”を訪ねた大学生の末路

2021/01/01

 北九州に住む書店員でありながら、膨大なホラー知識と実話怪談のアーカイブを持つかぁなっき氏。彼は“猟奇ユニットFEAR飯”の語り手担当として、2016年の夏からライブ配信サービスTwitCastingで、「禍話」という実話怪談チャンネルを続けてきた。

 今回はその膨大なアーカイブのなかから、視聴者たちを恐怖に包んだ「集合体マンション」をお届けする。チラシ配りをしていた体験者が「もう二度と近づきたくない」と語った“とあるマンション”から始まった恐怖体験とは。(全2回の2回目/#1より続く)

(文=TND幽介〈A4studio〉)

◆◆◆

ケガを負い、治し、またケガを負う――笑顔で続ける住人たち

 病院で働くTさんの知り合いの証言では、ケガを負い、治し、またケガを負う、そんな不可思議な行動を笑顔でずっと取り続ける一団が、確かにあのマンションにいるそうなのだ。

 近隣住民とのトラブルもない。

 電気・水道などの公共料金はみなきっちり払う。

 表面上はなんてことないただの社宅。

 だが、時折あのマンションにチラシを入れてしまったフリーターや、立ち止まって住民に話しかけられてしまったホームレスが、あの地域で姿を消しているという声も少なくなく、おまけに警察はなぜか「事件性はない」として動いてくれないという噂まである。

©iStock.com

「だから、マジで、あそこはヤバいんだって……だから…クソ……」

 そう言ってT先輩は脂汗をかきながら俯いてしまったそうだ。

「どうしよう…どうしよう……」

夏休み、Kさんは実家へ

 哀れにも泣きじゃくるKさんを見て、Aさんは「で、でも幸い夏休みすぐだしさ、一旦実家帰んなよ!  そんで何週間か経てば忘れてくれるかも知んないしさ!」

 と無理やり励まそうとした。

 すると、T先輩もその言葉に思うところがあったのか、

「そうだよ!  一旦実家帰れ、な!  で、戻ったらさ、すぐ引っ越しな、俺も手伝ってやるから!」

 とKさんを励ましてくれたそうだ。

 ========

 長い夏休み。

 毎日照りつける日差し。

 息苦しい湿気。

 Aさんは、かすかな恐怖心があり、Kさんと一度も連絡を取らなかったという。

 どこかで“彼ら”に聞かれていたらと思うと、無性に嫌だった。

 夏休みが明けると、Kさんは大学から姿を消していた。