昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「怖い話」が読みたい

2021/01/01

いなくなったKさんが残した一枚のメモ、残された電話番号

 それは、テーブルの一角に画鋲で留められた紙をちぎったようなメモ用紙と、そこに書かれていた荒々しい殴り書きだった。

「ただいま 留守にしてます」

 互いに顔を見合わせる一同。

「なんだよこれ……どうなってんだよ……クソ……」

 友人はスマホを持ったまま頭を抱え、脂汗をかいている。

 Aさんは、そのメモにそっと触れてみた。なんてことないメモ用紙。だが、その裏に何かが書いてある。

「電話番号だ」

 Kさんの番号ではなかった。

「連絡先?」

「どうすんだよ……」

「かけてみるしかないだろ……」

「俺のスマホからは嫌だよ!」

「わかった、俺のからでいいから!  でも出るのは嫌だぞ俺……」

「わかりました……僕がかけます」

 結局、Y先輩のスマホから、Aさんが電話をかけてみることになった。

©iStock.com

 謎の番号に電話をかけ……“集合体マンション”の真の恐怖

 プルルルルル!

 プルルルルル!

 プルルルルル!

 プルルルルル!

 プルル――

 5コール目ほどで誰かが電話に出た。

「……もしもし?  Kか?」

「…………おぉ、どうしたぁ」

「お、おう!  久しぶりだな!  その、夏休み前に会って以来だな!」

「おぉ、そうだなぁ」

「あの、さ、今、お前ん家来ててさ。悪い、勝手に上がっちゃってるんだけどさ、あの、玄関の郵便物とかさ、あれは――」

「あっはっはっは!  そうだよなぁ~」

「……あの、テーブルの上にメモが、あれに番号あったから、その、かけたんだけど…」

「あー、ありがとうな。俺は、ふふっ、元気だよ」

 ここでAさんは電話の向こうの空気に奇妙な距離感を抱いたそうだ。例えるなら、“電話の向こうにいる誰かに聞かせているような”妙なよそよそしさ、そして、“手で持っているとは思えないマイクとの距離感”、そんな微かな疑念だった。

「お前さぁ……今、どこにいるんだよ?」

「遠くにいるよ」