昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載サウナ人生、波乱万蒸。

2021/02/01

サウナを作ってみて思ったこと

「まず好きなことをやるということが大事だなと思いました。好きなことをやって、お金を稼いで暮らしていくということは、すごく大変な事だと思うけど、なんとかそれを叶えたいなと思っていて。今の自分の目標は全国47都道府県、色んなところでアウトドアサウナ=自然の中で楽しむサウナ体験ができる場所を増やしていきたいんです。ただそれは自分一人だけで出来るわけではない。だったら自分のような人を増やさなきゃいけない。
もし自分がそれで食えてないんだったら、そんなの誰も憧れないし、やろうとしないじゃないですか。だからちゃんとそこで稼いで食えるというのをまず実証したいなと思っています。あとは、必要最低限の条件の中でやってみることって大事だなと。家賃がかからない辺境の地に、ミニマムなサウナを建てて、徐々にお客さんが集まってきたらアップデートする。そのスタイルは性に合っていました」

 最近、野田の姿を見て自分もサウナビルダーになりたいと思いThe Saunaの門をたたく若者が増えているという。

「すごいありがたいことに、将来サウナを作りたいという子たちが住み込みで働きに来たりしてるんです。給料は出ないけど、ご飯とサウナ入り放題という感じなので学生が中心ですけどね。そういう子たちにはお金がなくてもサウナを作れる方法もあるよっていうことを伝えています。彼らと触れ合うと自分もすごく刺激になるし。うちの卒業生が地元でサウナやろうとしているという話を聞くと、自分が思い描いていたことがちょっとずつ実現に向かっているんだなって、すごく嬉しく思いますね。これから始まるという感じですけど。

 自分がイヤイヤ仕事をやらされていた時って全然うまくいかなかったけど、たまたまサウナの事を周りに話したことがきっかけで、『君は本当にサウナが好きなんだね』と言われて初めて『これがやりたい!』と思うことが見つかった。これからは自分も人にそんなきっかけを与えていけるようになれるといいなと思っています。ほんの少しのきっかけと、あきらめない情熱があれば、仕事も人生も面白くなるんじゃないかな、と最近は思います。

『The Sauna』はもっと良くして色々な人に入りに来てほしいしと思っていまし、今後はもっとサウナに特化して色々と頑張っていきたいなと思います。今ゲストハウスの仕事もやりながら、全部みたりもしてるので。サウナに集中して、一緒にやりたいと思ってくれる仲間を何人か集めて、いつかサウナをメインにやっていけたらいいなぁと思って。そのためにはサウナの事だけじゃなくて経営の事も含めて色々強もしなきゃいけない。なんか色々考えることが多くて難しいですけど、今、毎日とても面白いです」

 
 

INFORMATION

The Sauna
住所 長野県上水内郡信濃町野尻379-2
電話 026-258-2978
定休日 月火
料金 1名2000円。貸し切りは平日14000円、休日16000円から
※各2時間の予約・入換制。水着着用。男女共用。 
※営業時間などの最新情報は公式HPをご確認ください。
https://lamp-guesthouse.com/sauna/

この記事の写真(16枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー