昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/04/17

6位「川鉄カレー自販機」

6位「川鉄カレー自販機」

「ボンカレー自販機よりさらにレアなのが川鉄カレー自販機。皿に盛り付けられたライスは自販機の中で蒸気によって保温され、内蔵のカッターがレトルトパックの封を切り皿の上に盛り付けて出てくるというギミックの凝ったものだった。管理していた方の話によると定期的にカッターの刃を研ぐのが大変だったそうだ。島根県出雲市の『コインレストラン コウラン』に最後の一台が稼働していたが現在は故障中だとか……」

5位「ブリックパック自販機」

5位「ブリックパック自販機」

「イラストの謎のお姉さんがレトロでかわいいブリックパックの自販機。1980年代にそれまで瓶入りで紙キャップが主流だった乳製品の紙パック化が始まった。森永ピクニックや明治ブリックパックといった人気商品も登場した。飲料の自販機は新旧の入れ替わりがとても激しいがブリックパック専用のこの自販機はかなり珍しい。当時、渋谷区にあった東京都児童会館でよく飲んでいた思い出がありとても懐かしい。現在では日本で1ヶ所だけ神奈川県相模原市の『中古タイヤ市場相模原店 自販機コーナー』で現役稼働中だ」

4位「噴水ジュース自販機」

4位「噴水ジュース自販機」

「1970年代後半、新宿辺りの当時華やかだったデパートの最上階のレストラン街でこの自販機を見たことがある。機械の上には大きな透明容器が載り、中から常にジュースが噴水のように出ている。なぜ噴水にしているのかは最大の謎であるが、見た目のインパクトは強烈だった。10円粉ジュースのようなチープな味が懐かしい。現在では最後の一台が島根県大田市で春と秋の年に2回だけある祭り『彼岸市』の時だけ『さんべ食品工業』の店先にお目見えする」