昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載サウナ人生、波乱万蒸。

2021/08/13

 そして、うちのスタッフ全員に、今こうやって成功してるのは、この建物と空間と立地があってのことで、飲食と違ってほかの箱に入ればやり直せるわけじゃない、本当につぶしが利かないよとは言っています。新築じゃない限り20~30年と続けるのは厳しいので、先がない業態だよということは噛んで含めるように話しているんです。

 若い子たちがやりたいですって言ってくれることは嬉しい反面、責任感も感じます。何の保証もないですから。今はとにかく店舗展開に主眼を置いていて、銭湯の経営は自分しかできないと思っているんで、そこを切り開いてやりたい人たちに渡していきたいですね。歳をとって銭湯入れないって絶対嫌ですけど、とりあえず自分がやっていれば、確実にそこの銭湯には入れますからね(笑)」

 
 
 
 

「銭湯をサウナ並みに盛り上げていけたら面白い」

研雄 「東京の銭湯は、この15年で500軒なくなったそうです。残っているのはたった500軒。そして、東京北区の組合に出ても、約半数が70代前後の方々です。だから東京もこの10年以内で、廃業する銭湯が続出するのではないかと思います。なので、この直近の5年間でいかに素早く、もっと業界を俯瞰して社会を巻き込んでいくかが勝負なのかなと兄とは話をしていてます。僕はお風呂がもうとにかく好きなんで、サウナ施設とかスパ銭(スーパー銭湯)とか、いろんな施設に行くんですけど、そういう所から経営方針を学ぶことがとても多いです。

 やっぱりサウナ界隈を見ると、お客さんもお店側もみんな生き生きしてるし、未来があるなって思います。そこと同じ土俵で闘ってみたいなっていう気持ちもかなりあります。サウナーの方々ならわかると思うんですけど、この店舗、お客は全然来てないけど、ちょっとここをこうしたら絶対化けるって思うじゃないですか。僕らも自分たちの経験値で、銭湯をサウナ並みに盛り上げていけたら面白いと思うんですよね」

 

 日本に湊兄弟がいてくれて、本当に良かった。

INFORMATION

「十條湯」

住所 東京都北区十条仲原1丁目14-2
営業時間 (※短縮営業中)
月曜日〜土曜日(※金曜日定休)
15:00〜23:00
日曜日 8:00〜12:00 / 15:00〜23:00
※喫茶は短縮営業 〜20:00迄
電話番号 03-3900-4600
※最新情報は公式ツイッターをご確認ください。
@jujoyu_1010

この記事の写真(19枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z